【白髪染め】おすすめをランキングで!染め方と商品も

「毎回お店で白髪染めをするのはお金の無駄!」
「お店で染める間に生える白髪のメンテナンスをしたい」
と言う事で、自宅ケアをする方が非常に増えています。
 
そこで今回は、

  • 白髪の量
  • 作業の簡単さ
  • 頭皮への優しさ

などニーズ別に「キッチリ染まる」おすすめの白髪染めをご紹介して行きたいと思います。

白髪染め選び方の3つのポイント

「時間も無いしおすすめの白髪染めを教えて!」という方のために、まず結論の

  • 白髪染めの3の選び方
  • おすすめの白髪染め

をご紹介して行きましょう
 

白髪染めの選び方1

白髪の量・簡単さ・頭皮に優しいかで「白髪染めのタイプ」を選択
白髪染めを検索しても色々出てきて、どれを選べば良いか分からない…

確かに白髪染めには、

  • ヘアカラートリートメント
  • ヘアマニキュア
  • ヘアマスカラ
  • ヘアカラー

など、タイプが沢山あるのはありがたいですが、選べないと言う声も多く出ています。
 
そこで、まずはこの大枠である「白髪染めのタイプ」を選ぶ基準からご紹介して行きましょう。

  1. 全体染め or 部分染め
  2. 部分染めはかなり狭い部分、「生え際」「もみあげ」「分け目の根本」などほんの1部分のみとして頂ければと思います。
     
    手のひらサイズを越えると、全体を染めた方が楽に染める事が可能です。
  3. よく染まるか
  4.  

  5. 仕上がりの自然さ
  6. いかにも染めましたという仕上がりなのか、全体に馴染む染まり方か
  7. 髪や頭皮に優しいか
  8. 白髪染めの中にはアレルギーを引き起こす物質や肌に刺激のある物質を含む物があります。
     
    特に敏感肌の方はこの基準をチェックして頂ければと思います。
  9. 簡単さ
  10. 具体的には「作業の簡単さ」「作業に掛かる時間」です。
     
    長く使う場合、特に忙しい方には、満足度に大きく関わってきます。
  11. 色持ち
  12. 色落ちは避けませんので、具体的には「施術の間隔が何週に1回か」です。
     
    カラー自体は持つとしても、生えてきた白髪を染めなければならないため、実は商品ごとにもそれ程の違いはありません。

 
以上白髪染め選びの6つの条件をご覧頂きましたが、この中で、自分にとって特に重要な物を頭に入れて、次の「白髪染めのタイプ別メリット・デメリット」の表をご覧下さい。
 
《見切れている部分は横スクロール可能です》
 

全体・部分 よく染まるか 仕上がりの自然さ 安全性 簡単さ 色持ち
評価 リスク 評価 所要時間
ヘアカラートリートメント 全体・部分 3分~
ヘアマニキュア 全体 髪のダメージ 20分~30分
ヘアマスカラ 部分 3分
ヘアカラー 全体 アレルギー・肌トラブル 60分

 
選ぶ基準が複数あり多少面倒な所ですが、タイプが決まれば、白髪染め選びの8割方完了と言っていいので、ご自身のニーズに合わせて検討してみて下さい。
 
 

イマイチ決まらない方は

なお、もしこれを見ても「どれが良いか分からないな」という方は、ひとまずは

  • ヘアカラートリートメント

を試して頂くことをおすすめします。
 
発色も自然で、かつ頭皮や髪のツヤを守りつつ白髪染めが可能です。
 
また非常に作業が簡単で短時間で終わるのも忙しい現代人には魅力でしょう。
 

 

各タイプにおすすめランキング

ここで、白髪染めのタイプが決まった方へ、タイプごとにクオリティーが高い商品をランキングにしてご紹介しています。
 
ご自身の該当するタイプのものを覗いてみてください。

《現在最も伸びているタイプです》
《現在最も伸びているタイプです》
《刺激が少なく染められます》
《刺激が少なく染められます》
《部分染めに最適です》
《部分染めに最適です》

 

《スタンダードなタイプです》
《スタンダードなタイプです》

 

白髪染めの選び方2

色の選択は要注意 自分にあったカラーはコレ!
染めても希望の色にならない事があるみたい
色の種類ほどれを選べば良いの?

確かにいざ使ってみると、染まったは良いけど思った色と違う、という事はしばしば起こります。
 
そこで原因を探ってみると、ほぼ以下の2つに絞られます。

  1. 白髪の割合
  2. 髪質(細い or 太い)
1. 白髪の割合

まず基本として、「白髪が多いと明るめの色に仕上がり」 ます。

  • 白髪の方が黒髪より多い
  • →  希望の色よりワントーン暗めを選ぶ
  • 白髪が生え始めでまばら
  • → 希望の色よりワントーン明るめを選ぶ

という形で選んで頂くと、より希望の色に近く染めて頂けるでしょう
 
 

2.髪質(細い or 太い)

今ひとつ仕上がりを左右するのが、髪質(細い or 太い)です。
 
基本としては、「髪質が細く柔らかい程染まり易く、太くしっかりしている程染まりにくい」となります。
 
そこで、希望の色が決まったらいきなり買うのではなく、

  • 髪の毛が柔らかい方・細い方
  • 明るめ色が希望:希望の色でOK
    ダーク系色が希望:ワントーン明るめ
  • 髪の毛が硬い方・太い方は染まりにくい
  • 明るめ色が希望:ワントーン明るめ
    ダーク系色が希望:希望の色でOK

と言う様に補正した色を使って頂くと、より希望の色に近く染められるでしょう。

白髪染めの選び方3

色の選択は要注意 自分にあったカラーはコレ!
やっぱり「良く染まるか」が1番気になるけど、どれが染まるのか分からない…

何と言っても白髪染めですから、「良く染まるか」が満足度の1番のポイントです。
 
しかし、よく紹介されている「染めてみた結果」は1つの例だけの話ですので、これで判断するのは不安が今ひとつ拭い切れません。
 
そこで今回本記事では、多数のユーザーの実験結果である「実際使った方の口コミ」から

  • 「染まった」という口コミの割合

を調べ、これにより「より良く染まりやすい」白髪染めを探ってみました。
 
 
以下この染まり易さに、

  • 自然な色に染まる
  • 色持ち
  • 作業の簡単さ
  • 髪や頭皮に優しいか

を加味し、「実際に使った全ユーザーがおすすめする」総合ランキングを決定しましたので、ぜひご覧下さい!

白髪染めランキング (総合ランキング)

さて、それでは

  • 「良く染まった」口コミの割合

を中心とし、

  • 自然な色に染まる
  • 色持ち
  • 作業の簡単さ
  • 髪や頭皮に優しいか

の重要ポイントも加味した、白髪染め総合おすすめランキングをご覧頂きましょう。
 
 

 1位:ラボモ 

「よく染まった」口コミ 82.3%
自然な色に染まるか

ラボモの口コミについての記事でもご紹介しましたが、ラボモは段階的に色が入っていく事もあり、白髪に色が入った部分と白髪でない部分が自然に馴染む仕上がりでした。
 
 

色持ち

色持ちは1週間〜10日程度です。
 
泡タイプ・クリームタイプのヘアカラーに比べると色落ちは早くなりますが、Wコーティング効果により、ヘアカラートリートメントとしては色持ちが良くなっています。
 
(※ヘアカラーは色持ちがいい傾向がありますが、伸びて来た白髪を染める必要があるため、実質の色持ちは2~3週間程度となります)
 
 

作業の簡単さ

作業の簡単さは、全白髪染めの中でもトップのうちの1つとなります。
 
特に、

  • 作業はトリートメントを塗るのみ
  • 放置時間は3分でOK

と、作業内容・所要時間共に爆発的に簡単で短くなっています。
 
色落ちはヘアカラーに比べると早く、白髪染めの回数は増えますが、トータルの作業量はラボモが圧倒的に少なく、楽に染められるでしょう。
 
 

髪や頭皮に優しいか

泡タイプ・クリームタイプ等のヘアカラーは、以下の様なアレルギー物質・刺激性物資を使用しています。
 
酸化染料
ジアミン
シリコン
エタノール
パラベン
石油系界面活性剤
鉱物油
 
しかし、ラボモではこういった原料を一切使用していません
 
もちろん全てのカラー剤は、パッチテストをお願いできればと思いますが、ラボモは敏感肌の方にもおすすめ出来る「髪と頭皮に優しい」ヘアカラートリートメントとなっています。

この様に、ラボモは「染まり易さ」はもちろん、その他の要素もクオリティーが高くなっています。
 
ユーザーの口コミでの評価も最も高い物の1つとなっており、自信を持っておすすめ出来る1品となっています。

《公式サイトですと¥550オトクです》
《公式サイトですと¥550オトクです》
 2位:リライズ 

「よく染まった」口コミ 80.7%
自然な色に染まるか

リライズの口コミについての記事でもご紹介しましたか、リライズは全白髪染めで唯一「本来の髪の色素であるメラニン色素」により髪を染めています。
 
本来メラニン色素は分子が大きく、これで染めるのは非常に困難ですが、花王のテクノロジーにより、メラニン色素による「自然な髪色」が可能となりました。
 
 

色持ち

色持ちは1週間〜2週間程度です。
 
泡タイプ・クリームタイプのヘアカラーに比べると色落ちは早くなります。
 
 

作業の簡単さ

リライズはラボモに匹敵する「簡単に染められるヘアマニキュア」となっています。
 
特に

  1. 放置時間はたった5分
  2. 容器の開発にも注力し「楽に使える」を追求
  3. 髪以外を染めにくいため、浴室の手入れ等が簡単

により、非常に楽に染める事が出来ます。
 
ここで長く使うと意外にも差が出るのが浴室の手入れの簡単さです。
 
カラー剤の飛び散りというのは広範囲かつ何度も磨かないと落ちないのが一般的な中、壁を染めにくいリライズは、トータルで見た作業の簡単さはナンバー1と言っても良いでしょう。
 
 

髪や頭皮に優しいか

リライズもラボモ同様、
 
酸化染料
ジアミン
シリコン
エタノール
パラベン
石油系界面活性剤
鉱物油
 
といったアレルギー物質・刺激性物資を使用していません
 
また染料も自然醸造法によって生成された自然成分のため、敏感肌の方にもお試し頂けるヘアマニキュアとなっています。

この様に、リライズもラボモ同様総合的にハイクオリティーな1品でした。
 
1つ残念なのが、メラニン色素による染色のため、カラーが黒系のみという点です。
 
このため、ブラウン系をご希望の方には難しいですが、黒系の色がご希望の方にはイチオシと言ってもいい1品となっています。

《リライズ最安値はコチラです》
《リライズ最安値はコチラです》
 3位:スカルプDボーテ 

「よく染まった」口コミ 80.2%
自然な色に染まるか

染料について、天然由来の色素を使用する独自処方で、自然に馴染む髪色に仕上がる1品です。
 
 

色持ち

色持ちは少し厳しく、平均1週間程度となります
 
 

作業の簡単さ

作業については、

  • 多少の準備+塗るのみ

と言う事で、泡タイプ・クリームタイプなどのヘアカラーに比べると簡単ですが、

  • 放置時間10分〜

と多少放置時間が長くなります。
 
 

髪と頭皮に優しい

スカルプDボーテも
 
酸化染料
ジアミン
シリコン
エタノール
パラベン
石油系界面活性剤
鉱物油
 
といったアレルギー物質・刺激性物資を使用していません
 
原料も天然由来のもの中心で、安心感の高い商品の1つとなっています。

この様にスカルプDボーテも、ヘアケアに注力する株式会社アンファーの製品らしく高い品質を誇る1品となります。
 
色持ちや作業時間には難がありますが、他の商品が合わなかった場合、十分候補の1つとなるヘアカラートリートメントでしょう。

《最安値ショップはコチラ》
《最安値ショップはコチラ》
4位:利尻ヘアカラートリートメント

「よく染まった」口コミ 77.1%
自然な色に染まるか

比較的自然な形で染まりますが、商品名からイメージされる利尻昆布は、染料としては一切使われていません
 
 

色持ち

色持ちは少し厳しく、概ね1週間程度となります
 
 

作業の簡単さ

作業については、

  • 多少の準備+塗るのみ

と言う事で、泡タイプ・クリームタイプなどのヘアカラーに比べると簡単です。
 
しかし放置時間が

  • 初回:20分
  • 2回目以降:10分

と多少放置時間が長くなります。
 
 

髪と頭皮に優しい

利尻ヘアカラートは、
 
酸化染料
ジアミン
シリコン
エタノール
パラベン
4級アミン
 
といったアレルギー物質・刺激性物資を使わず低刺激なカラートリートメントとなっています。

この様に、利尻ヘアカラートリートメントも、各要素に高い品質を発揮する商品となっていました。

《公式サイトよりも¥990安い最安値ショップです》
《公式サイトよりも¥990安い最安値ショップです》
5位:uruotteヘアマスカラ

「よく染まった」口コミ 75.8%

※uruotteはヘアマスカラのため、根本の一部や生え際など、部分染めのみとなります。

自然な色に染まるか

uruotteは商品コンセプト自体が「ナチュラル&オーガニック」で、

  • インディゴ
  • 丹波栗殻エキス

などの天然染料を使っています。
 
このため、部分染めのみながら、白髪を染めた部分と普通の髪の部分の馴染み方は非常に良い1品です。
 
 

色持ち

ヘアマスカラのため、色持ちは1日のみです。
 
 

作業の簡単さ

作業については、

  • 塗るのみ

と言う事で、最も簡単な商品となっています。
 
まだ白髪が一部のみの方には非常におすすめとなっています。
 
 

髪と頭皮に優しい

uruotteはブランド自体が「ナチュラル&オーガニック」を掲げており、アレルギー物質・刺激性物質を使っていないだけでなく、オーガニック原料を積極的に使用しています

uruotteはオーガニックに原料にこだわった商品で、自然な仕上がり・安全性に特にハイクオリティーな製品となっています。
 
ヘアマスカラのため全体的な白髪染めは難しくなっていますが、「最近白髪が目立ち始めました」といった方の部分染めには、最もおすすめの商品となっています。

《最安値 ✕ 送料無料》
《最安値 ✕ 送料無料》
6位:ルプルプ(LPLP)

「よく染まった」口コミ 75.8%
《最安値ショップはコチラ》
《最安値ショップはコチラ》
 7位:レフィーネ 

「よく染まった」口コミ 72.7%
《最安値ショップはコチラ》
《最安値ショップはコチラ》
 8位:マイナチュレ 

「よく染まった」口コミ 71.8%
《最安値ショップはコチラ》
《最安値ショップはコチラ》
9位:KIWABI(Root Vanish)

「よく染まった」口コミ 70.5%
《最安値ショップはコチラ》
《最安値ショップはコチラ》
10位:ウエラトーン2+1

「よく染まった」口コミ 68.6%
《最安値ショップはコチラ》
《最安値ショップはコチラ》

 
 
以上の様になりました。
 
染まり方に関しては、どのタイプも総じて口コミの評価が高かったですが、その中でも特にヘアカラートリートメントの「染まった」声が多い傾向がありました。
 
特に1位のラボモは、アートネイチャーが開発しただけあり、自然原料を豊富に含みつつも、独自開発成分による

  • トリプルモイストリペア効果
  • Wコーティング効果

の2つのテクノロジーにより、ヘアカラートリートメント限界を超えた、「より染まり」「より色持ちする」白髪染めとなっています。
 
また染まり方以外にも

  • 作業の簡単さ
  • (所要時間3分:全体染め商品1位)
  • 頭皮や髪への優しさ
  • (ノンジアミン処方・アルガンオイルを始めとした高級オイルによるトリートメント効果)

の点でも非常にクオリティーが高くなっており、総合点で堂々1位という結果となりました。

《公式サイトですと¥550オトクです》
《公式サイトですと¥550オトクです》

【白髪染めのおすすめ】髪色の仕上がりについて

ここからは、白髪染め選びについて、多少深く探って行きたいと思います。
 
まずは最も重要な「白髪染めの仕上がり」について見ていきましょう。
 
 

仕上がりを決める染料は5種類

白髪染めの色の仕上がりは何によって決まるのでしょうか?
 
それが「染料の種類」になります。
 
白髪染めに使われる染料は大きく分けて以下の4種類があります。
 
 

1. 酸化染料

【ダメージあり】
 
キューティクルを薬剤で強制的に開いて染料を髪の中に入れ込みます。
 
またアレルギー物質のジアミンを使用するため、肌にトラブルが起こる可能性があります。
 
 
【時間が掛かる】
 
事前準備やキューティクルを開かせる工程が必要なため、1時間程時間が掛かります
 
 
【色持ちがいい】
 
色の定着が良くひと月以上持ちます
※髪の伸びた分のメンテナンスのため、実際は2週間に1度程度の白髪染めが必要です
 
 

2. HC染料

【髪に良い】
 
分子が非常に小さく、薬剤でキューティクルを広げずとも髪の中に浸透するため、ダメージを与えません
 
 
【色数が豊富】
 
多様な色を表現可能な染料です。
 
 
【作業時間が短い】
 
髪への浸透はすぐ行われるため、5分程度で染まります
 
 

3. 塩基性染料

【髪に良い】
 
髪の表面に吸着して染色するため、髪に負担を掛けません
 
 
【HC染料を補助】
HC染料を髪の中に留めるフタの役目も担います。
 
 
【作業時間が短い】
イオンの電気的な力で表面を着色するため、所要時間が短くなります。
 
 

4. 酸性染料

【髪に良い】
髪の内部に浸透して染めますが、キューティクルを無理に開く等が無く、髪にダメージを与えません
 
 
【色持ちは中ぐらい】
色持ちは2〜3週間と中ぐらいの期間となります。
 
【作業時間は中ぐらい】
徐々に髪の内部に浸透するため、概ね20〜30分程度掛かります
 
 

5. 顔料

【髪に良い】
髪の表面を染めるため、髪にダメージを与えません
 
 
【すぐ色が乗る】
塗ってすぐ色が乗るので、作業時間が非常に少なくなります
 
 
【色持ちは1日】
シャンプーにより落ちるため、色持ちは1日のみとなります

【白髪染めのおすすめ】髪色の仕上がり(白髪染めのタイプ別)

ここで、白髪染めのタイプ毎に使っている染料とメリットデメリットは以下の通りです。

ヘアカラートリートメント

HC染料
塩基性染料
 
 
【メリット】

  • 染まりが良い
  • 髪に優しい
  • 肌トラブルの心配が非常に少ない
  • 作業時間が少ない(5分〜10分,3分の製品もあり)

 
【デメリット】

  • 色持ちが悪い
※色持ちのいいカラー剤を使っても、新しく生える白髪を染める必要があります。
 
このため、色持ちの良し悪しによる施術頻度はそこまで大きくは変わりません

 
 

ヘアマニキュア

酸性染料
 
 
【メリット】

  • 染まりが良い
  • 髪に優しい
  • 肌トラブルの心配が非常に少ない

 
【デメリット】

  • 色持ちが悪い
  • 作業時間は20〜30分程度と多少長め

 
 

ヘアカラー

酸化染料
 
 
【メリット】

  • 染まりが良い
  • 色持ちが良い

 
 
【デメリット】

  • 髪が痛む
  • 頭皮トラブルの可能性あり
  • 作業時間が長い

 
 

ヘアマスカラ

顔料
 
 
【メリット】

  • 染まりが良い
  • 作業時間が非常に少ない

 
【デメリット】

  • 1日で落ちる

この様な形となっています。
 
ぜひご自身のニーズと照らし合わせ、自分に合ったタイプの白髪染め選ん下さい!

《現在最も伸びているタイプです》
《現在最も伸びているタイプです》
《刺激が少なく染められます》
《刺激が少なく染められます》
《部分染めに最適です》
《部分染めに最適です》

 

《スタンダードなタイプです》
《スタンダードなタイプです》

 

【白髪染めのおすすめ】手軽にできる白髪染めはコレ!

続いて、今ひとつ白髪染め選びに重要な「使い方の手軽さ」について見てみましょう。
 
使い方の手軽さは以下の3つに分けられます。

  1. 所要時間
  2. 作業工程の手軽さ
  3. 施術間隔(何週間に1度染めるか)

所要時間は前章で触れましたが、手軽さで重要な指標ですので合わせて見ていきましょう。

全体染め

全体染めと部分染めで大きくことなるため、まずは全体染めに使われる、

  • ヘアカラートリートメント
  • ヘアマニキュア
  • ヘアカラー

について検証してみましょう。

ヘアカラートリートメント

【所要時間】
3分〜10分
 
【作業工程】

  1. ヘアカラートリートメントを塗る

のみになります。
 
【施術間隔】
1週間〜10日に1回
 
 

ヘアマニキュア

 
【所要時間】
20〜30分
 
【作業工程】

  1. ヘアマニキュアを塗る

のみとなります。
 
【施術間隔】
2週間に1回
(ヘアマニキュア自体はもっと持ちますが、白髪が伸びて来るため、施術間隔は2週間程度)
 
 

ヘアカラー

 
【作業時間】
1時間
 
【作業工程】

  1. ヘアカラーは刺激性物質を含むため生え際にクリームを塗る
  2. 混合液を作る
  3. 混合液を髪に塗ります

※泡タイプは塗りやすいですが、クリームタイプは束毎に塗るため作業が難しくなります
 
【施術間隔】
2週間に1回
(カラー自体はもっと持ちますが、白髪が伸びて来るため要施術間隔は2週間程度)

正確には全タイプとも放置・洗い流しが必要ですが、比較の簡便さのため割愛しました。

この様に工程としては

  • ヘアカラートリートメント・ヘアマニキュアが「塗るだけ」
  • ヘアカラーは事前準備があり、多少工程は面倒

となりました。
 
また施術間隔は、色持ちが良かったとしても、

  • 白髪が伸びて来ると、それに合わせて染める必要が発生

のため、それ程の差は出ませんでした。
 
以上、それぞれメリット・デメリットありますので、ご自身のニーズに合わせて選択頂ければと思います。
 
 
なお、「データだけ言われてもなあ」という方のために、簡単におすすめをご紹介すると以下になります。

使い易さをポイントにしたおすすめ

【基本的なおすすめタイプ】
 
ヘアカラートリートメント
 
何と言っても作業が段違いに簡単となります。
 
施術間隔は短めですが、

  • 最短3分
  • 他のタイプも2週間適度で染める必要あり

のため、トータルで非常に使い勝手が良くなります。
 
おすすめヘアカラートリートメントランキング
 
 
【回数を減らしたい、かつ白髪がまばらな方】
 
ヘアカラー
 
白髪がまばらな方はカラー後白髪が伸びても、3週間程度は気にならないケースがあります。
 
この場合、とにかく回数を減らしたい方は、1回の作業は大変ながら、ヘアカラーの満足度が高くなるでしょう。
 
おすすめヘアカラーランキング
 

【白髪染めのおすすめ】もみあげ等の部分染めの場合

続いて、白髪の量が少なく生え際やもみあげ等の部分染めの場合を見てみましょう。
 
部分染めに使われる白髪染めのタイプとしては、

  1. ヘアカラートリートメント
  2. ヘアマスカラ

となりますので、この2種類について検証してみましょう。

ヘアカラートリートメント

 
【所要時間】
3分〜10分
 
【作業工程】
1ヘアカラートリートメントを塗る
のみになります。
 
【施術間隔】
1週間〜10日に1回
 
 

ヘアマスカラ

 
【所要時間】
1〜2分
 
【作業工程】
1ヘアマスカラを塗る
のみになります。
 
【施術間隔】
毎日
 

この様に、所要時間・作業工程は、両者共にかなり簡単で、どちらを選んでも負担無く白髪染めをして頂けるでしょう。
 
ここで決定的な違いは、今ひとつの条件「染色できる広さ」「洗い流しの有無」になります。
 
ヘアカラートリートメントは

  • 染色できる広さ:広い
  • 洗い流し:必要

 
ヘアマスカラは

  • 染色できる広さ:狭い
  • 洗い流し:不要

 
これより、ヘアマスカラの強みは「サッと塗ってそれで終了」という究極の手軽さになります。
 
その代わりとして、

  • 塗れる範囲が一部のみ
  • シャンプーで落ちるため簡単ながら毎日お手入れ

という点がありますが、生え際やもみあげ等の一部のみであれば、ヘアマスカラの「究極の手軽さ」は非常におすすめのポイントとなるでしょう

部分染めの方のおすすめ

1白髪が「生え際」「もみあげ」「分け目の根本」のうちの1つか2つ程度
   
ヘアマスカラがおすすめです
 
2上記3つ又はそれ以上の範囲を染めたい場合
   
ヘアカラートリートメントがおすすめです
 
 
おすすめヘアマスカラランキング
 
おすすめヘアカラートリートメントランキング
 

【白髪染めのおすすめ】オーガニック原料の物はコレ

続いて、特に敏感肌の方は気になる「成分が頭皮や髪に優しいか」について見てみましょう。
 
これについても、基本的に白髪染めのタイプ別に判断出来ますので、各タイプ毎に見ていきましょう。
 
 

ヘアカラー

白髪染めとしては最もポピュラーなヘアカラーですが、実は敏感肌の方は使ってはいけない白髪染めとなります。
 

敏感肌の方にNGの理由

 
残念ながら成分に、
アレルギー接触皮膚炎
その他かぶれ、発赤、かゆみ、腫れ他の皮膚症状
を引き起こす物質が使われています。

なお、これらのトラブルの原因となる物質はいくつかありますので、以下詳しく見て行きましょう。
 
 

1. 酸化染料

酸化染料はアレルギー接触皮膚炎を引き起こす重大な原因物質の1つです。
 
酸化染料で、特にアレルギー接触皮膚炎を起こす事が報告せれているのが以下の3つの物質です。

アレルギー原因物質

 
パラフェニレンジアミン
硫酸トルエン2.5-ジアミン
パラアミノフェノール

特に パラフェニレンジアミンはアレルギーを引き起こす確率が高く、国によっては使用禁止となっている所もあります。
 
 

2. 過酸化水素

酸化染料を発色させる成分で、ヘアカラーには欠かせない物質ですが、
 
アレルギー性接触皮膚炎
刺激性皮膚炎
 
などの原因となります。
 
 

3. アンモニア

アンモニアと聞くと別の意味でたじろいでしまいますが、ヘアカラーに重要なアルカリ剤として使用されています。
 
皮膚には大きなダメージは与えませんが、ヘアカラーのアンモニアなどのアルカリ剤を含むため、毛髪を傷める可能性があります。
 
 
この様にどの物質も、体質・肌質によっては単に荒れるでは済まず、「健康被害レベルのダメージ」を与えるため、敏感肌の方は避けて頂ければと思います。
 
 

ヘアカラートリートメント

ヘアカラートリートメントは、各タイプの中でも敏感肌の方に最もおすすめの白髪染めとなります。
 
理由は、ヘアカラートリートメントは先述の
 
酸性染料
過酸化水素水
アンモニア等のアルカリ剤
 
を使っていず、かつその他アレルギー物・刺激性物質も使用していないためになります。
 
また、全体的に自然原料にこだわった製品が多く、配合されているトリートメント成分も、
シリコン
鉱物油
といった、一分で頭皮への悪影響が指摘されている物は物質は使用せず、代わりに殆どのヘアカラートリートメントが

  • アルガンオイル
  • ホホバオイル
  • ツバキオイル

等の天然オイル成分や

  • ゼイン
  • (トウモロコシから作られた天然コーティング成分。指通りアップ等のコーティング効果も高い)

等の天然コーティング成分を使用しています。
 
こういった理由から、ヘアカラートリトメントは、敏感肌の方にもトラブルが非常に起きにくい白髪染めとなっています。
 
 

ヘアマニキュア

ヘアマニキュアも頭皮のトラブルとなる、
 
酸性染料
過酸化水素水
アンモニア等のアルカリ剤
 
を含まないため、敏感肌の方にも使って頂ける白髪染めとなります。
 
しかし、ヘアマニキュアには
 
・ベンジルアルコールという “髪の毛” にダメージを与える成分
 
がほぼ間違い無く含まれています。

ベンジルアルコール

 
髪の表面にあり、手触りの良さと関係がある18-MEA(18メチルエイコサン酸)を壊してしまいます。
 
結果髪のツヤや指通り悪なる可能性があります

ヘアカラートリートメントよりも多少色持ちが良いため、

  • 色持ち vs 髪の毛の健康

を考慮して頂き、「髪の毛が強い方」には十分検討頂ける白髪染めと言って良いでしょう。
 
 

ヘアマスカラ

ヘアマスカラは単に顔料塗るだけですので、
 
酸性染料
過酸化水素水
アンモニア等のアルカリ剤
 
といった肌トラブルの原因物質は含まないものが殆どとなっています。
 
また自然原料にこだわった製品もあり、特に総合ランキング入りしたuruotteなどは、

  • オーガニック原料を自社栽培して使用

となっており、部分染めかつ頭皮への影響が気になる方には非常におすすめの1品となっています。

【白髪染めのおすすめ】オーガニックは意味ある?

前章でご紹介した頭皮に優しい、

  1. ヘアカラートリートメント
  2. ヘアマニキュア
  3. ヘアマスカラ

は、自然原料にこだわる製品も多くおすすめですが、自然原料でも特に「オーガニック」原料については意味はあるのでしょうか?
 
そこで「一般製品 vs オーガニック原料配合の物」で、口コミの

  • 頭皮や髪への優しさ

についてのコメントの割合に違いがあるかどうかを調べてみました。
 

一般製品【例:ラボモ】

 
例として、総合おすすめランキングでもご紹介した、ラボモ ヘアカラートリートメントをピックアップしました。
 
【頭皮・髪に優しい口コミの割合】
7.6%
 

注文後すぐに届きました。ありがとうございました。
3回使用しましたが、少しずつ染まっていく感じです。
痒みなどは全くないので、継続して使っていきたいと思います。

何度もリピートしています。
髪や肌を傷めないのが良いと思います。
1回では染まりきらないので、最初は3回ほど連続して使用すると良いと思います。
その後は定期的にで大丈夫です。

 
 

オーガニック製品【例:フラガール】

 
オーガニック製品の例として、オーガニックのヘアカラートリートメントで最も販売実績のあるものの1つ、フラガール カラートリートメントをピックアップしました。
 
【頭皮・髪に優しい口コミの割合】
8.3%
 

乾いた髪にハケでたっぷり塗って、2~3時間おくと色の入りがよく、持ちもいいです。ラップで巻けばさらにいいかも。トリートメントなので、長い時間おいても髪が痛むことがなく、刺激も少ないです。

美容室でも褒められる仕上がりで、ローズブラウンを一日置きに使ってますが、かぶれないし私にはあってます。

 
この様に、頭皮に優しいという趣旨の口コミは、

  • 一般製品:7.6%
  • オーガニック製品:8.3%

というように、0.7%差と有意と言える程の差はつかず、ほぼ同率となりました。
 
この事から、植物由来などの「自然原料」の使用が豊富であれば、「オーガニック原料」にまでは、+α支払ってまで選択をする必要は無いでしょう。

【差が付かなかった理由は?】
 
差が付かなかった理由としては、

  1. 一般のカラートリートメントもオーガニックではないが、自然原料を多数使用
  2.  

  3. オーガニックのカラートリートメントも、オーガニック原料は香料・トリートメント成分の一部のみ
  4.  

  5. 一般の自然原料とオーガニック原料の効能に大きな違いが出ない事が多い

が挙げられるでしょう。
 
この様に、ヘアカラートリートメントであれば自然原料にはこだわっており、敢えてオーガニックトリートメントに行かずとも、十分頭皮に優しいため、この様な結果になったと言えます。

この様に「オーガニックじゃないとダメ!」という方は勿論オーガニックを、しかしそうでなければ、一般のヘアカラートリートメントで十分低刺激の白髪染めをして頂けるでしょう。
 
おすすめ「髪と頭皮に優しい」ランキング

【白髪染めのおすすめ】市販の白髪染めの価格は?

続いて、気になる白髪染めの最安値を、タイプ別に探って行きたいと思います。
 
まずはドラッグストア等で売られている「市販の白髪染め」から見ていきましょう。

白髪染めはネット中心?

 
実は白髪染めは、ネットでも口コミ・評判が良いものは、「ネット通販のみでの販売」というものが多くなっています。
 
とは言えヘアカラータイプは市販されている物が多く、以下参考にして頂ければと思います。

 

ヘアカラー最安値

 
まずはヘアカラー最安値です。
 
ハックドラッグ・マツモトキヨシ・セイジョーなど主要ドラッグストアで価格調査を行った結果、

  • ビゲンクリームトーン:¥498

がヘアカラー最安値となっていました。
 
多少地域で値段の変動はあるかと思いますが、最安価格の判断基準として、ご参考頂ければと思います。
 
 

ヘアカラートリートメント最安値

 
続いてヘアカラートリートメントの最安値です。
 
ヘアカラートリートメントは、人気の物程公式サイトやショッピングサイトのみの販売が多く、ドラッグストア等ではあまり販売されていません。
 
そんな中、ドラッグストア等を回った結果、

  • ビゲン ヘアカラートリートメント:¥798

で最安値となりました。
 
仕上がりやトリートメント成分、また染まるまでの回数(一般的に3回程度のところ5回)に難はありますが、ヘアカラートリートメント入門に一度お試し頂く価値はあるでしょう。
 
 

ヘアマニキュア最安値

続いてヘアマニキュアの最安値です。
 
元々のラインナップの少なさと相まって、ドラッグストア等ではあまり販売されていませんでした。
 
そんな中ヘアマニキュア最安値は、

  • 花王リライズ:¥2,700

となりました。
 
実はリライズは「新タイプの自然染料」を使っており、純然たるヘアマニキュア(酸性染料使用)には入りませんが、染まり方・使用法などが共通するためヘアマニキュアとさせて頂きました。
 
他のタイプに比べると値段は高めですが、全白髪染めで唯一、髪本来の色素であるメラニン色素で染める製品です。
 
評判が評判を呼び、楽天・Amazonでもトップ5をキープする、現在最も注目の製品となっています。
 

ヘアマスカラ最安値

最後にヘアマスカラの最安値をご紹介しましょう。
ヘアマスカラは販売されている種類は多くないものの、ドラッグストアでも比較的取り扱いが多いタイプとなります。
 
ヘアマスカラの市販最安値は、

  • ブローネヘアマスカラ:¥848

となりました。
 
正直、ネット通販で販売されている物に更にクオリティの高い物はありますが、「部分染めなので市販でOK」という場合はぜひ活用して頂ければと思います。

以上ドラッグストア等で市販されている白髪染めの最安値を探ってみました。
 
正直実店舗では白髪染めのラインナップは限られており、口コミで評価が高い白髪染めは売られていなかったりします。
 
とは言え手に入りやすいというの1つのメリットですので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

【白髪染めのおすすめ】楽天での最安値は?

続いて、今や白髪染めの購入としてはメインのチャネルとなっている、ネット通販での最安値を見てみましょう。
 
今回はメーカー公式店舗も多数出店して安心度が高い楽天での最安値を探って行きたいと思います。

ネット通販の場合、送料も最安値決定の重要な要素となりますので、商品価格+送料にて、最安値商品を調べました。
ヘアカラー最安値

まずはヘアカラーの最安値から調べて行きましょう。
 
ヘアカラーの最安値は、

  • パオン エッセンスリッチ 乳液タイプ ¥1,012
  • (¥352 +送料¥660)

となりました。
 
元々の価格が安いだけに、送料が無料となる出店者が無く、合計では最安値でも¥1,000オーバーとなりました。
 
 

ヘアカラートリートメント最安値

続いて、ヘアカラートリートメントの最安値を見てみましょう。
 
楽天のヘアカラートリートメント最安値は

  • ビゲン(Bigen) カラートリートメント ナチュラルブラック:¥1,497
  • (¥697円+送料¥800)

ヘアカラートリートメントは、市販でも最安値となった、ビゲンヘアカラートリートメント最安値となりました。
 
市販の部分でもご紹介しましたが、

  1. 仕上がり
  2. トリートメント成分の内容
  3. 染まるまでの回数
  4. (一般的に3回程度のところ5回)
  5. キープのための施術間隔
  6. (一般的に1週間〜10日に1回のところ3日程度で1回)

とについて、多少クオリティが厳しい部分があります。
 
とは言え、値段の安さは非常なメリットですので、試しにヘアカラートリートメントとの相性を見てみたいという方には合致する商品と言えるでしょう。
 
 

ヘアマニキュア最安値

続いて、市販では殆どラインナップが無かったヘアマニキュアの、楽天ネット通販での最安値を見てみましょう。
 
ヘアマニキュアの最安値は、

  • イリヤ カラーコートデコレ:¥1,191
  • (¥641  送料¥550)

ヘアマニキュアはネット通販で買うと、ヘアカラーと遜色無い価格で購入する事が出来ます。
 
特に敏感肌の方は、アレルギー物質・刺激性物質が使われていない、こちらのヘアマニキュアを試して頂くのも1つの選択肢と言えるでしょう。
 
 

ヘアマスカラ最安値

最後に部分染めにおすすめのヘアマスカラの最安値を探ってみましょう。
 
ヘアマスカラの楽天最安値は

  • アモロス 黒彩ヘアマスカラ:¥820
  • (¥560円 +送料¥260)

となりました。
 
楽天では最も安い白髪染めとなっています。
 
発色に多少難がある可能性は有りますが、ほんの1部分のみであれば、こちらの製品で十分効果が得られる可能性があります。
 
ヘアマスカラを使うのは初めて、という方はは入門編にお選び頂くと良いでしょう。

【部門ランキング1】
「よく染まる」ランキング

ここからは、白髪染めの機能・評価軸ごとのランキングをご覧頂きましょう。
 
まずは「良く染まる」ランキングになります。
 
冒頭の総合ランキングでは、「良く染まる」以外にも「簡単に染められる」「頭皮や髪に優しい」等の要素も含めた総合的なランキングでした。
 
ここでは、とにかく「良く染まる」物について1位からご紹介して行きましょう。
 
 

 1位:ラボモ 

「よく染まった」口コミ 82.3%

「良く染まる」1位は、総合ランキングでも1位となったアートネイチャーのラボモが輝きました。
 
ラボモは今年リニューアルした現在2代目が販売されています。
 
アートネイチャーの研究・開発により、最初の物に比べ、

  1. モイストリペア効果
  2. Wコーティング効果

が加わったため、染毛力並びに色持ちもアップし、ユーザー評価も堂々1位となりました。

《公式サイトですと¥550オトクです》
《公式サイトですと¥550オトクです》
 2位:リライズ 

「よく染まった」口コミ 80.7%

第2位は、これも総合ランキング第2位となった花王のリライズがランクインしました。
 
リライズは全白髪染めの中でも、唯一「人間の髪を色付かせている本来の色素」メラニン色素によって白髪染めを行います。
 
メラニン色素は本来分子量が大きく、髪には吸着しませんが、花王の技術によりこれが可能となりました。
 
「自然な色に染めたい」という方にはイチオシの製品と言えるでしょう。

《リライズ最安値はコチラです》
《リライズ最安値はコチラです》
 3位:スカルプDボーテ 

「よく染まった」口コミ 80.2%

3位はスカルプDボーテとなりました。
 
スカルプDボーテは聖マリアンナ医科大学との共同研究も行う、独自の研究・開発に注力しており、非常にクオリティーの高い製品となっています。
 
特にリニューアルにより

  • ディープモイスチャーカラー設計

による大幅な染毛力アップとなっています。

《最安値ショップはコチラ》
《最安値ショップはコチラ》
4位:利尻ヘアカラートリートメント

「よく染まった」口コミ 77.1%

4位の利尻ヘアカラートリートメントとなりました。
 
利尻ヘアカラートリートメントは、染毛力に加え、利尻昆布エキスを中心としたトリートメント力に優れています。
 
ツヤのある髪に仕上げたい方にはおすすめのヘアカラートリートメントとなっています

《公式サイトよりも¥990安い最安値ショップです》
《公式サイトよりも¥990安い最安値ショップです》
5位:uruotteヘアマスカラ

「よく染まった」口コミ 75.8%

5位はuruotteヘアマスカラで、ヘアマスカラから唯一のランクインとなりました。
 
染まりやすさもさる事ながら、uruotteはブランドとして「オーガニック」に取り組んでおり、頭皮の刺激が心配という方には、特におすすめとなっています。
 
※uruotteはヘアマスカラのため、根本の一部や生え際など、部分染めのみとなります。

《最安値 ✕ 送料無料》
《最安値 ✕ 送料無料》
6位:ルプルプ(LPLP)

「よく染まった」口コミ 75.8%

 
 

 7位:レフィーネ 

「よく染まった」口コミ 72.7%

 
 

 8位:マイナチュレ 

「よく染まった」口コミ 71.8%

 
 

9位:KIWABI(Root Vanish)

「よく染まった」口コミ 70.5%

 
 

10位:ウエラトーン2+1

「よく染まった」口コミ 68.6%

【部門ランキング2】
「簡単に染められる」ランキング

続いて、長く使うにあたっては非常に重要な「簡単に染められる」ランキングです。
 
こちらのランキングは、

  1. 染める作業の所要時間
  2. 各作業の簡単さ

によってランク付けを行いました。
 
「忙しいけどしっかり白髪染めをしたい!」という方はぜひ参考にされて下さい。
 
 

 1位:ラボモ 

所要時間 3分

1位は、総合ランキング1位のラボモがここでもランキングトップとなりました。
 
理由は何と言っても

  • 全体染め最短の所要時間3分

です。
 
作業的にも、ヘアカラートリートメントは基本的に「塗るだけ」ですので、簡便さにおいてもラボモは最もおすすめの1品となっています。

《公式サイトですと¥550オトクです》
《公式サイトですと¥550オトクです》
 2位:リライズ 

所要時間 5分

 
2位には、これも総合ランキング2位の花王リライズが入りました。
 
ヘアマニキュア系の白髪染めながら、ラボモに続く所要時間5分という短さに加え、花王が注力した容器開発により、

  1. 持ちやすい
  2. ワンタッチで出続けるので中身を出しやすい

といった、作業の簡単さも非常に高品質な1品となっています

《リライズ最安値はコチラです》
《リライズ最安値はコチラです》
 3位:マイナチュレ 

所要時間 10分

3位はヘアカラートリートメントのマイナチュレが入りました。
 
所要時間10分と白髪染めとして非常に短時間なのに加え、

  • 他のヘアカラートリートメントに比べ13%以上の染毛力
  • (株式会社souken調査より)

により、少ない回数で染まり易くなっています。

《最安値ショップはコチラ》
《最安値ショップはコチラ》
 4位:スカルプDボーテ 

所要時間 10分

4位はスカルプDボーテとなりました。
 
所要時間自体はマイナチュレと同様の10分でしたが、色がしっかり入るまで概ね3〜5回の白髪染めが必要となっています。
 
マイナチュレより染まるまでの作業回数が多い傾向があるため、4位となりました。

《最安値ショップはコチラ》
《最安値ショップはコチラ》
5位:フラガール ヘアカラートリートメント

所要時間 15分

5位は、ヘアカラートリートメントのフラガールがランクインしました。
 
6位サロンドプロと同じ所要時間ですが、フラガールの方がヘアカラートリートメントなため、作業が塗るだけで良く簡単なため、5位とさせて頂きました。

《最安値ショップはコチラ》
《最安値ショップはコチラ》
6位:サロン ド プロ

所要時間 15分

5位はヘアマニキュアからサロンドプロが入りました。
 
準備(生え際にプロテクトクリームを塗る・肩にケープ等をかける)には10分程度の時間は掛かりますが、放置時間は5分と短時間で染まります。

《最安値ショップはコチラ》
《最安値ショップはコチラ》
7位:KIWABI(Root Vanish)

所要時間 10〜20分

7位はヘアカラートリートメントのKIWABIです。
 
ヘアカラートリートメントの中では染毛力に優れており、

  • 希望色になるまでの回数
  • メンテナンス回数

なども少なく、実質は6位サロンドプロとほぼ同様の簡単さで染める事が出来るでしょう。

《最安値ショップはコチラ》
《最安値ショップはコチラ》
8位:グラマージュ

所要時間 10〜20分

グラマージュは、所要時間としては7位KIWABIと同様ですが、作業的に

  • グラマージュを塗り、キャップ後45℃に加温

と加温する工程が面倒なため、は8位とさせて頂きました。

 9位:レフィーネ 

所要時間 15〜30分

自然原料を徹底的にセレクトして高評価のレフィーネですが、「簡単さ」で言うと最大30分となっています。
 
とは言え、白髪染め全体で8位ですので簡単となっており、成分や効果に注目している方には非常におすすめとなっています。

《最安値ショップはコチラ》
《最安値ショップはコチラ》
10位:ルプルプ(LPLP)

所要時間 20〜30分

所要時間はヘアカラートリートメントとしては長めですが、リニューアルにより染毛力が20%アップし、色持ちも良くなりました。
 
このため、白髪染めの回数は少なめでキープ出来るでしょう。

【部門ランキング3】
「髪と頭皮に優しい」ランキング

続<いて、体に使う物である以上最も重要な指標の1つである、「髪と頭皮似やさしい」ランキングです。   こちらは、

  1. アレルギー物質、刺激性物質を使用していない
  2. 自然成分、オーガニック成分を多く使用している

によりランキング付けを行いました。
 
特に、敏感肌の方やヘアカラーでトラブルがあった方はぜひ参考にされてみて下さい。
 
 

 1位:uruotte 

アレルギー物質の不使用
刺激性物質の不使用
オーガニック原料
自然素材

第1位には、ブランドを挙げて自然成分・オーガニック成分の生産・配合に注力する、uruotteが輝きました。
 
自然原料とオーガニック原料には、口コミ上は効果に差が無いことはご紹介しましたが、uruotteでは、自社で一部原料のオーガニック生産も行っており、全社を挙げて「自然な素材」にこだわっています。
 
このあたりの全社的な姿勢から、オーガニック・一般自然原料に関わらず、配合成分の信頼度は非常に高く、敏感肌の方も安心して使って頂く事ができるでしょう。

《最安値 ✕ 送料無料》
《最安値 ✕ 送料無料》
2位:フラガール ヘアカラートリートメント

アレルギー物質の不使用
刺激性物質の不使用
オーガニック原料
自然素材

2位にはフラガールヘアカラートリートメントがランクインしました。
 
自然素材を使用している白髪染めは多いですが、

  • オーガニック原料の導入

までこだわっているものは意外と1位のuruotteとこのフラガールヘアカラートリートメントのみです。
 
素材の栽培まで携わるuruotteを1位としましたが、uruotteは部分染めのみのヘアマスカラになります。
 
全体染めでオーガニック原料配合」にこだわる方は、フラガールヘアカラートリートメントがおすすめとなります。

《最安値ショップはコチラ》
《最安値ショップはコチラ》
 3位:マイナチュレ 

アレルギー物質の不使用
刺激性物質の不使用
オーガニック原料
自然素材

3位はヘアカラートリートメントのマイナチュレが入りました。
 
ポイントは自然原料の使用率で、マイナチュレは植物由来原料が何と94%となっています。
 
配合されている植物由来原料と効能は以下の通りです

  1. 白髪ケア
  2. アシタバ葉
    ウコン根茎
    オレンジラフィー油
    フユボダイジュ花
  3. スカルプケア
  4. ゴボウ根
    ローズマリー葉
    セイヨウキズタ葉
    アルテア根
    スギナ
    ボタン
    ガゴメ
  5. ヘアケア
  6. ホホバオイル
    アルガンオイル
  7. エイジングケア
  8. アルニカ花
    オドリコソウ花
    セイヨウオトギリソウ
    カミツレ花
    セージ葉

この様に、マイナチュレは自然派でありながらケアしてくれる範囲も広くなっています。
 
白髪染めをしながら総合的なヘア&スカルプケアをしたい方は、マイナチュレが非常におすすめとなっています。

《最安値ショップはコチラ》
《最安値ショップはコチラ》
 4位:ルプルプ 

アレルギー物質の不使用
刺激性物質の不使用
オーガニック原料
自然素材

4位はヘアカラートリートメントで人気のルプルプが入りました。
 
ルプルプはブランド全体で「頭皮と髪に優しい自然素材」にこだわっています。
 
染料にまで天然色素を導入しており、敏感肌の方にも非常におすすめとなっています。

《最安値ショップはコチラ》
《最安値ショップはコチラ》
 5位:レフィーネ 

アレルギー物質の不使用
刺激性物質の不使用
オーガニック原料
自然素材

5位もヘアカラートリートメントからレフィーネがランクインしました。
 
ジアミン等のアレルギー物質・刺激性物質を使っていないだけでなく、

  1. トリートメント成分
  2. 頭皮ケア成分

に厳選した自然素材を使用しています。

《最安値ショップはコチラ》
《最安値ショップはコチラ》
 6位:リライズ 

アレルギー物質の不使用
刺激性物質の不使用
オーガニック原料
自然素材

6位にはヘアマニキュアから花王リライズがランクインしました。
 
カテゴリーはヘアマニキュアながら、ヘアマニキュアに使用される刺激性物質のベンジルアルコールを使用していません
 
染料も髪の毛本来の色素であるメラニン色素で染めるため頭皮にも優しい1品となっています。

《リライズ最安値はコチラです》
《リライズ最安値はコチラです》
7位:利尻ヘアカラートリートメント

アレルギー物質の不使用
刺激性物質の不使用
オーガニック原料 ✕7
自然素材

利尻ヘアカラートリートメントは、染料にまでは天然素材は使っていませんが、トリートメント成分に利尻昆布を始め、自原料が豊富に含まれています。

《公式サイトよりも¥990安い最安値ショップです》
《公式サイトよりも¥990安い最安値ショップです》
 8位:ラボモ 

アレルギー物質の不使用
刺激性物質の不使用
オーガニック原料
自然素材

スカルプケアにも取り組むアートネイチャーから発売されているラボモですが、トリートメント成分に18種類の美容成分を使っています。

《公式サイトですと¥550オトクです》
《公式サイトですと¥550オトクです》
 9位:スカルプDボーテ 

アレルギー物質の不使用
刺激性物質の不使用
オーガニック原料
自然素材

聖マリアンナ医科大学との共同研究により開発されたスカルプDボーテですが、頭皮への低刺激性にも注力しています。
 
トリートメント成分を中心に、11種類の天然由来植物成分を使用しています。

《最安値ショップはコチラ》
《最安値ショップはコチラ》
 10位:ソワニティ 

アレルギー物質の不使用
刺激性物質の不使用
オーガニック原料
自然素材

10位はヘアカラートリートメントのソワニティがランクインしました。
 
アレルギー物質・刺激性物質は一切使用していないのはもちろん、アルガンオイル・ツバキオイル等の天然オイルにより髪を健康に保ちます。

《最安値ショップはコチラです》
《最安値ショップはコチラです》

【タイプ別ランキング1】
「ヘアカラートリートメント」ランキング

ここでは、白髪染めのタイプ別おすすめランキングをご紹介して行きましょう。
 
まずは現在最も人気の「ヘアカラートリートメント」のランキングです。
 
ランキング基準はヘアカラートリートメントの5大要素、

  1. 染まり易さ
  2. 髪と頭皮に優しいか
  3. 作業の簡単さ
  4. 色持ち
  5. 色味の自然さ

を5段階で評価しました。
 
それではご覧下さい!
 
 

 1位:ラボモ 

染まり易さ

総合ランキングでもご紹介した様に、口コミでの「染まり易い」とのコメント率が82.3%と最高となりました。
 
またリニューアルにより、

  • トリプルモイストリペア効果
  • ダブルコーティング効果

がプラスされ、さらに染毛力が格段にアップしています。
 
 

髪と頭皮に優しいか

実はヘアカラーには、以下の様なアレルギー物質・刺激性物質が使用されており、「かぶれ・発赤・腫れ」等の深刻な肌トラブルを引き起こします。
 
酸化染料
ジアミン
シリコン
エタノール
パラベン
石油系界面活性剤
鉱物油
 
しかしラボモでは、こういった健康被害の原因物質は一切使わない、頭皮に優しい処方となっています。
 
 

作業の簡単さ

ラボモは、

  • 作業はトリートメントを塗るのみ
  • 放置時間は3分でOK

となっており、全白髪染め商品の中でも、最も「簡単」かつ「短時間」で染められる白髪染めとなっています。
 
継続的なメンテナンスが必要な白髪ケアには、非常にうれしい製品と言えるでしょう。
 
 

色持ち

色持ちは1週間〜10日程度です。
 
ヘアカラーの色持ちに比べると短いですが、ヘアカラーも伸びた部分のメンテナンスに2週間に1度程度染める必要があるため、白髪染めの頻度はそこまで大きな違いは無いでしょう。
 
 

色味の自然さ

天然染料を使用するヘアカラートリートメントに比べると、多少強めにカラーが入ります。
 
しかし実際に染めてみると、ラボモは段階的に色が入っていく事もあり、

  • 白髪に色が入った部分
  • 普通の髪の部分

が自然に馴染む仕上がりでした。

この様に、ラボモは「染まり易さ」を始め、作業時間の短さなど、トータルで高品質なヘアカラートリートメントとなっています。
 
実際に使ったユーザーの口コミでも、最も評価が高い物の1つとなっており、非常におすすめ出来る1品となっています。

《公式サイトですと¥550オトクです》
《公式サイトですと¥550オトクです》
2位:スカルプDボーテ

染まり易さ

ユーザーが実際試した結果である、口コミでの「染まり易い」とのコメント率が80.2%と非常に高率となりました。
 
聖マリアンナ医科大学との共同研究による

  • ディープモイスチャーカラー設計

の開発により、非常に染まり易い処方となっています。
 
 

髪と頭皮に優しいか

スカルプDボーテはラボモ同様、「アレルギー」「かぶれ・腫れ・発赤」といったトラブルの元になる、
 
酸化染料
ジアミン
シリコン
エタノール
パラベン
石油系界面活性剤
鉱物油
 
といったアレルギー物質・刺激性物質を使用していません
 
 

作業の簡単さ

スカルプDボーテの作業内容及び時間は、

  • 作業はトリートメントを塗るのみ
  • 放置時間は5分〜10分

となっています。
ラボモに比べると時間は多少長くなりますが、十分短時間かつ簡単に出来る白髪染めとなっています。
 
 

色持ち

色持ちは概ね10日程度です。
 
スカルプDボーテは、「ゼイン」というトウモロコシ由来の新しいコーティング成分を使用しており、ヘアカラートリートメントとしては、色持ちの良い商品となっています。
 
 

色味の自然さ

スカルプDの口コミについての記事でもご紹介しましたが、スカルプDボーテでは天然染料がふんだんに使われています。
 
このため、全体的な色味も非常に自然に仕上げる事が可能となっています。

聖マリアンナ医科大学との共同研究により、非常に先進的な処方となっているスカルプD。
 
クオリティの高いヘアカラートリートメントが欲しいという方にも、おすすめ出来る1品となっています。

《最安値ショップはコチラ》
《最安値ショップはコチラ》
3位:利尻ヘアカラートリートメント

染まり易さ

口コミでの「染まり易い」とのコメント率が77.1%と高い割合となりました。
 
実際に使ったユーザー評価ですので、利尻ヘアカラートリートメントの「染める力」はかなり信頼性が高いと言っていいでしょう。
 
 

髪と頭皮に優しいか

利尻ヘアカラートリートメントは、肌トラブルの原因物質である、
 
酸化染料
ジアミン
シリコン
エタノール
パラベン
鉱物油
 
といった物質を一切使っていません。
 
 

作業の簡単さ

利尻ヘアカラートリートメントの放置時間は、

【濡れた髪】
初回:15分~20分
2回目以降:10分
 
【乾いた髪】
回数に関わらず30分程度

と、多少長めとなっています。
 
 

色持ち

色持ちは概ね1週間程度です。
 
高いトリートメント効果により色素の流出を防ぐため、ヘアカラートリートメントの中では色持ちが良くなっています。
 
 

色味の自然さ

天然色素として、

  1. クチナシ
  2. ムラサキ根エキス
  3. アナトー色素
  4. ウコン色素

が配合されており、カラーカラーしない自然な色に仕上がります。

利尻ヘアカラートリートメントは、リピーターも多く、現在最も販売実績のあるヘアカラートリートメントの1つとなっています。
 
この事からも、非常に信頼性が高いヘアカラートリートメントと言えるでしょう。

《公式サイトよりも¥990安い最安値ショップです》
《公式サイトよりも¥990安い最安値ショップです》
 4位:ルプルプ 


植物由来の天然色素

  1. 紅花
  2. クチナシ
  3. 藍の葉

などを使用し、自然かつ深い色味に染め上げます。
 
フコイダンを始めトリートメント成分も豊富で、白髪染め後にも関わらず、ツヤのある髪に仕上がります。

《最安値ショップはコチラ》
《最安値ショップはコチラ》
 5位:レフィーネ 


染料として、以下の植物成分を配合し自然な色味に仕上がります。

  1. クチナシ
  2. ウコン
  3. シコン
  4. アナトー

 
またトリートメント成分も、数万通りの組み合わせから日本女性に合う物をセレクトし配合しています。

《最安値ショップはコチラ》
《最安値ショップはコチラ》
 6位:マイナチュレ 

  • ボタンエキス
  • ローズマリー葉エキス
  • ホホバオイル
  • セージ葉エキス
  • アシタ葉エキス

を始めとし、成分中に植物由来原料を約94%使用しいます
 
 
 

7位:KIWABI(Root Vanish)


天然植物由来エキスを22種類配合しており、髪に潤いを与え、頭皮を健やかに保ちます。
 
 
 

8位フラガール ヘアカラートリートメント


オーガニック認証を受けた、以下の5種のハーブエキスを配合しています。

  1. ローズマリー
  2. アルテア
  3. セージ
  4. タチジャコウソウ
  5. ベンダー

 
 
 

9位:ソワニティ ヘアカラートリートメント

  • アセチルヒアルロン酸ナトリウム
  • 加水分解シルク

の2成分により髪をコーティング、「キューティクル補修」「色落ち防止」の効果を発揮します。
 
 
 

10位:ナチュリア


製品リニューアルにより、染毛力が22%アップしました。

【タイプ別ランキング2】
「ヘアマニキュア」ランキング

タイプ別ランキング、続いては「ヘアマニキュア」のランキングです。
 
ランキング基準はヘアマニキュアの5大要素、

  1. 染まり易さ
  2. 髪と頭皮に優しいか
  3. 作業の簡単さ
  4. 色持ち
  5. 色味の自然さ

を5段階で評価しました。
 
それではご覧下さい!
 
 

 1位:リライズ 

染まり易さ

総合ランキングでもご紹介した様に、口コミでの「染まり易い」とのコメント率が80.7%と非常に高くなりました。
 
人間の髪本来の色素であるメラニン色素により染めるため、発色も非常に良くなっています。
 
 

髪と頭皮に優しいか

リライズでは、「かぶれ・発赤・腫れ」等の原因となる
 
酸化染料
ジアミン
シリコン
エタノール
パラベン
石油系界面活性剤
鉱物油
 
といった、アレルギー物質・刺激性物質を一切使用していません。
 
また染色法もヘアカラーの様に
 
キューティクルを薬剤で無理やり開いて染料を注入
 
と言ったものではなく、

  • 髪は自然のままに、表面を染色する

という方法のため、髪に優しくなっています。
 
 

作業の簡単さ

リライズは、

  • 作業はリライズを塗るのみ
  • 放置時間は5分でOK
  • 容器も専用に開発し、非常に使い易い

となっており、ヘアマニキュアの中でも、特に楽に白髪染めが出来る1品となっています。
 
 

色持ち

色持ちは、概ね1週間程度です。
 
ヘアマニキュアの中では色落ちが早い部類になりますが、色持ちの良いヘアマニキュアも白髪が伸びた部分を2週間に1度程度染める必要があります。
 
このため、白髪染めの頻度としてはそこまで大きな違いは無いでしょう。
 
 

色味の自然さ

ヘアマニキュアは、一般には化学精製された酸性染料で染めるのに対し、リライズは、

  • 髪本来の色素である、メラニン色素

によって白髪染めを行います。
 
このため発色おいては、全白髪染めの中でも最も自然な色に仕上がると言っていいでしょう。

リライズは「髪本来のメラニン色素で染める」唯一の白髪染めで、発色の自然さは白髪染め界でも随一となります。
 
染まり易さ・作業の簡単さなどもヘアマニキュアトップの製品の1つのため、自信を持っておすすめ出来る1品となっています。

《リライズ最安値はコチラです》
《リライズ最安値はコチラです》
2位:サロン ド プロ

染まり易さ

口コミでの「染まり易い」とのコメント率は76.5%と高い割合となりました。
 
 

髪と頭皮に優しいか

サロンドプロは、アレルギー接触皮膚炎の原因となる、
パラフェニレンジアミン
を含みません。
 
また、2つのトリートメント成分によりツヤのある髪に仕上げます。

  • ツバキオイル(つややか成分)
  • パールエキス(潤い成分)

その他、シルクプロテイン・ローヤルゼリーエキスてん植物性プロテイン等のトリートメント成分も含みます。
 
 

作業の簡単さ

サロンドプロは、

  • 作業は準備(生え際にプロテクトクリームを塗る・肩にケープ等をかける)サロンドプロを塗るのみ
  • 放置時間は5分でOK

となっています。
 
作業はヘアカラートリートメントに比べると準備が必要な分面倒となっています。
 
しかし、放置時間は一般的にはヘアマニキュアは30分程度必要な中、サロンドプロは非常に短く5分となっています。
 
 

色持ち

色持ちは、概ね4週間程度です。
(白髪が伸びるため、白髪ケアは2週間程度毎にする必要があります)
 
 

色味の自然さ

サロンドプロはヘアマニキュアの基本染料である酸性染料のみで染めるヘアマニキュアです。
 
このため天然由来の色素・染料などは含まず、色味の自然さはそれ程ありません。

サロンドプロはユーザーの支持が高く、ショッピングサイトでも継続的に売上ランキングに入っています。
 
これはリピーターの数を反映しており、信頼度はかなり高いと言っていいでしょう

《最安値ショップはコチラ》
《最安値ショップはコチラ》
3位:グラマージュ

染まり易さ

口コミでの「染まり易い」とのコメント率は74.8%と高い割合となりました。
 
 

髪と頭皮に優しいか

グラマージュは、アレルギー接触皮膚炎の原因となる、
パラフェニレンジアミン
を含みません。
 
また、グラマージュ独自の

  1. パールラッピング効果
  2. キトサン(トリートメント成分)

により、ツヤとハリのある髪に仕上げます。
 
 

作業の簡単さ

グラマージュは、

  • 作業はグラマージュを塗り、キャップ後45℃に加温
  • 放置時間は10分でOK

となっています。
 
放置時間はヘアマニキュアの中では短く済むものの、作業は加温が必要で多少状況を選ぶ形となっています
 
 

色持ち

色持ちは、概ね3週間程度です。
 
ヘアマニキュアの中では平均的な保持期間となっています。
 
 

色味の自然さ

グラマージュはヘアマニキュアの基本の酸性染料のみで染めるヘアマニキュアです。
 
このため天然色素などは含まず、色味の自然さはそれ程ありませんが、色数は豊富となっています。

グラマージュはサロン向け商品のため、ドラッグストア等では購入出来ません。
 
このためネームバリューはありませんが、口コミでの「染まった」評価も高く、信頼性が高い商品と言えるでしょう。

《最安値ショップはコチラ》
《最安値ショップはコチラ》
4位:ジュエライズ


ジュエライズは、カラーリングで問題となるジアミンアレルギー引き起こす成分、
パラフェニレンジアミン
を含みません。
 
また、保湿・毛髪保護に高い効果のある6種のハーブエキスを含みます

《最安値ショップはコチラ》
《最安値ショップはコチラ》
5位:シエロ オイルインヘアマニキュア


値段が安いにも関わらず、アルガンオイル・オリーブオイル・ミネラルオイルHD配合で、髪にツヤを与えつつ白髪染めが可能です。

《最安値ショップはコチラ》
《最安値ショップはコチラ》
6位:ブローネヘアマニキュア


花王の美髪技術HBTにより、傷んだ髪を内側から補修し、ツヤ・ハリ・コシのある健康な髪に染めて行きます。
 
 
 

7位:ナプラ ケアテクト


オーガニックハーブエキスを配合する事により、しなやかな質感を保ちつつ白髪染めが可能です。
 
 
 

8位:パーリーデュー トリートメントヘアマニキュア


9つのトップコートが髪をコーティングし、潤い・ツヤを与えつつ、白髪染めが可能です。
 
 
 

9位:カミクローネ


ヘアマニキュア染毛に加え、銀イオンが日光・灯りに反応して発色します。
 
 
 

10位:TSUYAMI プレミアム ヘアマニキュア


色持ちに難がありますが、髪のツヤをキープしつつ染めるヘアマニキュアです。

【タイプ別ランキング3】
「ヘアマスカラ」ランキング

タイプ別ランキング、続いては「ヘアマスカラ」のランキングです。
 
ヘアマスカラは、

  • 部分染め
  • → 「白髪染めした部分」と「普通の髪」の色馴染みが重要
  • 顔料使用でシャンプーで落ちる
  • → 外出の度に染める作業が必要ので、作業の簡単さが重要

と、他のタイプに比べ、「色馴染みの良さ」「簡単さ」を重視しつつ、以下の基準でランキング付けしました。

  1. 色馴染みの良さ
  2. 作業の簡単さ
  3. 髪と頭皮に優しいか

それではご覧下さい!
 
 

1位:uruotteヘアマスカラ

色馴染みの良さ

インディゴ、丹波栗殻エキスなどの自然染料を主に染めるため、非常に自然に馴染みつつ白髪染めが可能です。
 
 

作業の簡単さ

uruotteの口コミ記事でもご紹介しましたが、

  • 塗やすさが口コミでも高評価のブラシ
  • 白髪染め液の切れが良く必要な分だけ塗り易い

と、外出先でも短時間で白髪染めがしやすい1品となっています。
 
 

髪と頭皮に優しいか

uruotteはブランドを上げて「自然素材」「オーガニック素材」にこだわっています。
 
自社でトリートメント成分であるオーガニック茶の実オイルを、茶の実の栽培から手がけるで、敏感肌の方にも自信を持っておすすめ出来るヘアマスカラです。

uruotteは厳選した素材選びでヘアメイクアーティスト等を中心に高い支持を得ており、道端ジェシカさんも使用を公言しているシリーズになります。
 
信頼性は十分な商品となっていますので、特に自然派のヘアマスカラをお探しの方はぜひ試してみてください。

《最安値 ✕ 送料無料》
《最安値 ✕ 送料無料》
2位:レフィーネ リタッチマスカラ

CREATOR: gd-jpeg v1.0 (using IJG JPEG v62), quality = 90

色染みの良さ

ヘアマスカラでありながらヘアカラートリートメントにも使われる染料を配合する事で、使う程に色が定着します
 
このため、連続で使う事で普通の髪との馴染みが良くなっていく処方となっています。
 

作業の簡単さ

高密度のロングブラシ採用で、たくさんの白髪染め液を保存します。
 
このため、各ポイントを1回のストロークでキッチリ染める事が可能です。
 
 

髪と頭皮に優しいか

髪を補修する

  • ケラチン
  • コラーゲン
  • 浸透型アミノ酸

により、ハリ・コシのある髪にしていきます。
 
また、潤いを与える12成分

  • パンテノール
  • ゴマ油
  • アロエ
  • その他

を含み、ツヤのある髪に仕上げます

白髪染めでも最も人気のシリーズの1つレフィーネですが、その開発力を反映し、ヘアマスカラも他社製品を一線を画した厳選した成分を配合しています。

《最安値 ✕ 送料無料》
《最安値 ✕ 送料無料》
3位:ドクターシーラボ 簡単ひと塗り白髪カバー

色馴染みの良さ

クチナシ果実エキス、ムラサキ根エキス等の植物由来の色素により、自然に馴染む仕上がりとなります。
 
 

作業の簡単さ

先端のクシがヘアブラシ状ではなく、広い範囲を塗り易い反面、細かい部分は多少塗りにくい形となっています
 
 

髪と頭皮に優しいか

マコンブエキス・加水分解コンキリオン・アボカドエキスといった髪補修及びトリートメント効果の高い成分を使用し、髪に優しい処方となっています。

ドクターシーラボらしい、頭皮や髪に刺激を与えずに、むしろ髪にツヤや潤いを与えながら染めるヘアマスカラとなっています。

 
 

4位:ビゲン ヘアマスカラ


ヘアマスカラにありがちなゴワつきを低減し、乾いた後も自然に落ち着く仕上がりとなります。
 
また使う度に深く染まるため、続けて使う事で全体に馴染むように色付きます。

《最安値 ✕ 送料無料》
《最安値 ✕ 送料無料》
5位:ブローネヘアマスカラ


ブラシの根本にスポンジが装着されており、液垂れしにくく、液の伸びも良くなっています。
 
ヘアマスカラでも最も使い易いものの1つとなっています。

6位:ラッチェ カラーオンリタッチ


アーチ状のブラシにより、生え際や細かい部分にも塗り易くなっています。
 
 
 

7位:ナプラ ケアテクト ポイントリタッチ


速乾性で色移しにくいため、サッと塗ってすぐ次の行動に移れます。
 
作業の所要時間が非常に短く、お出かけ前も簡単白髪染めが出来ます。
 
 
 

8位:艶髪 クィックマスカラ


沖縄県産ハイビスカス葉エキス配合で、しなやかでツヤのある髪に仕上がります。
 
 
 

9位:サロンドプロ カラーオンリタッチ


リニューアルにより染毛効果が1.2倍となりました。
 
「キッチリ染めたい」という方には非常におすすめの1品です。
 
 
 

10位:式部染めヘアマスカラ


100%植物由来成分で、髪や頭皮に優しい処方となっています。

タイトルとURLをコピーしました