【ウエラトーンの口コミ】ヘアカラーの白髪染めで人気です!

ワンランク上のヘアカラーとして、販売実績も右肩上がりのウエラトーン2+1ですが、今回は口コミ・おすすめについて見て行きましょう。
     
【ウエラトーン2+1とは】
2液式のヘアカラーで、
 
・色持ちが良い
・美容エッセンス付きでツヤのある仕上がりに
・3種類のテクスチャーで塗りやすさを選べる
 
等を特徴としたヘアカラーになります。
 
現在売れ行きも好調で、ショッピングサイトでも販売実績トップを争う人気の商品です。
     

【ウエラトーンの口コミ】おすすめポイント

早速ウエラトーン ツープラスワンについて結論を「3つのポイント」にまとめたものからご覧頂きましょう。
 

 

【ポイント1】
色持ちなんと6週間。リッチなままのカラーが続く
6週間といえばひと月半、ウエラトーンは本当にそんなに持つの?

確かに、今までヘアカラーと言えば色持ちは1ヶ月程度の物が殆どでした。
 
しかしウエラの新処方により、
・粒子が小さくなり、髪に浸透
・毛髪内部を、よりしっかり色素で満たす
が可能となりました。
 
このため、より深い発色とともに、
・色素を髪にしっかり定着させる
が可能となり、6週間の色持ちが可能となりました。
 
 

【ポイント2】
ジアミン配合のため、アレルギー接触皮膚炎のリスク
敏感肌でカラーリングでかゆみが出た事があるんだけど大丈夫?

確かに、敏感肌の方を中心に「頭皮にトラブルが発生するかどうか」は、非常に重要なポイントです。
 
しかし残念ながら、ヘアカラーにより白髪染めをする場合、避けて通る事が出来ません。
 
原因は、ヘアカラーの中心成分である通称「ジアミン」という物資によります。
     
【ジアミン】
 
ジアミンは「ジアミンアレルギー」と呼ばれるアレルギー接触皮膚炎を誘発します。
 
ジアミンにはいくつか種類があり、特に「アレルギーリスクのあるジアミン」には以下の3つがあります。
・パラフェニレンジアミン
・硫酸トルエン2.5-ジアミン
・パラアミノフェノール
     
このアレルギーの原因物資の3つの「ジアミン」ですが、実はウエラトーン ツープラスワンにはこの内2つ
・硫酸トルエン2.5-ジアミン
・パラアミノフェノール
が含まれています。

これにより、ウエラトーン ツープラスワンでは、どうしてもアレルギーのリスクが付きまとい、これを解決することは現状難しくなっています。
 
このため、特に敏感肌の方はアレルギーリスクが殆ど無い、
・ヘアカラートリートメント
・ヘアマニキュア
から、お好きなものを選んで頂ければと思います。
 
 

【ポイント3】
輝きエッセンスにより、よりツヤめく髪に仕上がります
ヘアカラーでは髪が荒れてたげど、これは本当に大丈夫?

3確かに一般的には、ヘアカラータイプの白髪染めでは、髪に
・キシキシ感
・指通りが悪くなる
・枝毛
・切れ毛
といったトラブルが起きやすくなっています。
 
しかしウエラトーン ツープラスワンでは、カラー剤に「輝きエッセンス」をプラスして塗布します。
     
【輝きエッセンス】
・ホホバオイル
・アボカドオイル
・ヒマワリオイル
を配合
     
3つとも美容液やサロンのシャンプー等にも含まれ、高いトリートメント効果を発揮する成分です。
 
これらにより、深い毛髪補修・コーティングが可能となり、健康でツヤのある髪に仕上げる事が可能となっています。

《最安値ショップはコチラ》
《最安値ショップはコチラ》

【ウエラトーンの口コミ】特徴や成分

続いて、ウエラトーン ツープラスワンの特徴ならびに成分の詳細についてご紹介して行きましょう。

ウエラトーンの特徴

まずは、ウエラトーン ツープラスワンの特徴について、冒頭の「3つの特徴でご紹介しきれなかったもの」について見て行きましょう。
 
特徴は以下の2つになります。
     
1 選べる3つのテクスチャー
2 豊富なカラーバリエーション
     
1 選べる3つのテクスチャー
 
ウエラトーン ツープラスワンは3つのテクスチャーがラインナップされており、塗り易さなどで好きな物を選択可能となっています。
     
【クリームタイプ】
 
液垂れしにくく、初めての方でも失敗しにくいテクスチャーです。
 
クリームのみ、余ったカラー剤を複数回使用可能です。
 
 
【液状(ジェル)タイプ】
 
液状のためカラー剤が伸びやすく、
・手早く作業する事が可能
・塗りムラが出にくい
となります。
・長い髪にも塗るのが楽
となっています。
 
多少塗るのが難しく、慣れた方向けと言えます。
 
 
【ミルキータイプ】
 
クリームタイプと液状(ジェル)タイプの中間になります。
 
このタイプは容器の先端に、直塗りコームが装着されており、容器からそのまま直塗りが可能です。
 
このため、
・作業時間が短くなる
・長い髪や後ろ髪も塗り易い
となり、より簡単に白髪染めが可能です。
     
この様に、テクスチャーのタイプでそれそれ強みがありますので、ご自身の状況に合わせて選んで頂ければと思います。
 
 
 
2 豊富なカラーバリエーション
 
続いては、日本人の髪の毛の質に合わせて用意された豊富なカラーバリエーションになります。
 
ウエラトーン ツープラスワンでは、テクスチャー毎に豊富なカラーバリエーションが用意されています。
 
 
【クリームタイプ】
クリームタイプは25色と最も豊富なカラーバリエーションかあります。
 
カラーチャートは以下の通りです。
 

 
 
【液状(ジェル)タイプ】
 
液状(ジェル)タイプでは、9色のカラーバリエーションがあります。
 
次に紹介するミルキータイプに比べる深めの色に寄った構成となっています。
 

 
 
【ミルキータイプ】
 
ミルキータイプは7色のカラーバリエーションがあります。
 
液状(ジェル)タイプに比べ、赤みのある色寄りに展開されています。
 

 
この様に、各テクスチャー共に色数も多いため、実績に試して後、次回染める時少しずつ調整する事も可能となっています。

ウエラトーンの成分

続いて、ウエラトーン ツープラスワンの全成分について見てみましょう。

《全成分》

 
A剤 有効成分:パラアミノオルトクレゾール、硫酸トルエン-2,5-ジアミン、レゾルシン、ピクラミン酸、メタアミノフェノール その他の成分:セタノール、ステアリルアルコール、ラウリル硫酸ナトリウム、自己乳化型モノステアリン酸グリセリン、ラノリンアルコール、ポリオキシエチレンラウリルエーテル(3E.O.)、ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸ナトリウム、強アンモニア水、ヤシ油脂肪酸エチルエステルスルホン酸ナトリウム、無水亜硫酸ナトリウム、香料、エデト酸二ナトリウム、水酸化ナトリウム、ポリオキシエチレンラウリルエーテル(2E.O.)、精製水
 
B剤 有効成分:過酸化水素水 その他の成分:セタノール、ステアリルアルコール、ラウリル硫酸ナトリウム、サリチル酸、リン酸水素二ナトリウム、リン酸、ヒドロキシエタンジホスホン酸液、精製水
 
エッセンス その他の成分:ホホバ油、アボカド油、ヒマワリ油(1)、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、天然ビタミンE、パルミチン酸アスコルビル、アスコルビン酸、クエン酸、ポリエチレングリコール400

 
 

【ウエラトーンの口コミ】特徴や成分まとめ

以上、ウエラトーン ツープラスワンの特徴ならびに成分について見てきました。
 
今一度「3つのポイント」を含むウエラトーン ツープラスワンの特徴をまとめると、以下になります。
     
1 色持ちなんと6週間、リッチなままのカラーが続く
2 輝きエッセンスにより、よりツヤめく髪に仕上がります
3 ジアミン配合のため、アレルギー接触皮膚炎のリスク
4 選べる3つのテクスチャー
5 豊富なカラーバリエーション
     
この様にウエラトーン ツープラスワンは、ウエラのサロン専売開発の技術を基に、「色持ち」「選べるテクスチャー」など、ユーザーに優しい白髪染めとなっています。
 
反面ジアミンの使用など、トラブルになり易いという危うさもはらんでいますが、肌の強い方にはお試し頂きたい白髪染めと言えるでしょう。

《最安値ショップはコチラ》
《最安値ショップはコチラ》

【ウエラトーンの口コミ】悪い口コミや悪評

続いてここからは、ウエラトーン ツープラスワンを実際に使用したユーザーからの口コミをチェックしてみましょう。
 
まずは悪い口コミ・評判になります。
 

【頭皮にトラブル】
つけている途中から頭皮に若干、痛みを伴いましたが脱色してからカラーが入るんだろうと思いますからこんなものかな?

まずは、悪い口コミとして最も多かったのが、この「頭皮にトラブルが出た」というものです。
 
やはりアレルギー原因物資のジアミン系成分が2つも配合されていますので、
・敏感肌の方
・白髪染めに限らず、ヘアケア剤でのトラブルの経験がある方
を中心に、頭皮の健康に注目している方は、アレルギー物質・刺激性物質を使用していない
・ヘアカラートリートメント
を検討頂ければと思います。
 
 

【刺激臭がする】
染め終わった後も白髪染めの最中のような匂いがしています。無臭の他社製品と比べたら匂う方でしょう。

続いて目立ったのが、臭いに関する口コミです。
 
ヘアカラーは仕組み的に、ph値の調整のためのアルカリ剤を必要とします。
 
このアルカリ剤として、最も多く使われるのが「アンモニア」になります。
 
ウエラトーン ツープラスワンでも成分に
・強アンモニア水
という物を使います。
 
アンモニアというとどうしても連想してしまいますが、これを使っているため、ヘアカラーはウエラトーン ツープラスワンに限らず臭いが厳しい物が殆どです。
 
このあたり気になる方は、
・ヘアカラートリートメント
・ヘアマニキュア
はアンモニアを必要としませんので、おすすめとなっています。

ウエラトーンの悪い口コミまとめ

以上ウエラトーン ツープラスワンの悪い評価の口コミについて見てきました。
 
ここで個々の口コミと同様「全体として、良い口コミ vs 悪い口コミの割合は?」というのも気になるところです。 
そこで、各種ショッピングサイトにて「実際に使った方」による口コミの評価割合を調べて見ました。
     
・良い評価の口コミ:55%
・どちらでもない:10%
・悪い評価の口コミ:35%
     
ヘアカラートリートメント系は良い評価が70%〜80%のが多いのに比べると、少々寂しい結果となりました。
 
主には
・頭皮のトラブル面
・作業の時間・面倒さ
の割合が多い傾向がありましたが、特にこういった部分を重視する方は、他のタイプの物をご検討頂ければと思います。

【ウエラトーンの口コミ】良い口コミや評判

続いて良い評価の口コミについて見てみましょう。
 

【キレイに染まる】
カラーも深みがあるので綺麗です。ずっと愛用してます。近所のストアがこのカラー番は置かなくなりましたのでいつもネットで購入しています。

良い口コミとしては、カラーバリエーションの豊富さを反映して、キレイに染まったという方が最も目立ちました。
 
仕上がりの色の微妙なニュアンスにこだわりのあるか方は、ウエラトーン ツープラスワンがおすすめと言えるでしょう。
 
 

【使い易い】
髪の毛染めるのがへたくそでいつもムラになってしまっていたのがこちらの商品はムラができずに私みたいな不器用人間でもきれいに染めることができました!

続いて、目立ったのが「使い易い」と言う内容の口コミでした。
 
同じシリーズでテクスチャーが3つ選べると言うことで、使い易さを重視する方にはウエラトーン ツープラスワンが支持されている印象がありました。

ウエラトーンの良い口コミまとめ

以上ウエラトーン ツープラスワンの口コミについて見てきました。
 
ジアミン配合による肌トラブルについては指摘する口コミが多く、注意を要するポイントもありそうです。
 
しかし、ウエラトーン ツープラスワンの強みである
・カラーバリエーション
・3つのテクスチャー
は全体的には評価した口コミが多く見られました。
 
このあたり、頭皮トラブルの経験が無く肌が強い方には、一度試して頂く価値あるヘアカラーと言えるでしょう。

《最安値ショップはコチラ》
《最安値ショップはコチラ》

【ウエラトーンの口コミ】SNS(Twitter・インスタグラム)で評判

続いて、ショッピングサイトに次いで重要な、SNS(Twitter・インスタグラム)での口コミ・評判をチェックしてみましょう。
 
使っていない方の口コミはあまり意味がありませんので、ここでもユーザーの物と思われる口コミのみピックアップしました。


 
 
続いて、インスタグラムでの実際のユーザーと思われる方の口コミです。

この投稿をInstagramで見る

#ウエラトーン2プラス1 の2週間後はこんな感じです。 白髪が生えてきたので白っぽくみえてます。それはしょうがない事ですが、、 多少の色落ちありますが今まで使っていた市販の白髪染めよりは色持ちしています(*゚∀゚*) 量は多くリタッチでも2回分になってしまいますが、本人曰くリピ確定らしい(笑) 普通のシャンプーでは髪質バシバシになります。 トリートメントやアミノ酸系シャンプーで何とか艶を取り戻したいところ🤣 、 #白髪染め#ウエラトーン#ツープラスワン#経過報告#髪#ヘアー#美容#白髪#真っ白

pandaisuki06(@yuuharu.nsd)がシェアした投稿 –

【ウエラトーンの口コミ】感想レビュー

続いて、実際に筆者がウエラトーン ツープラスワンを使ってみた感想レビューをご覧頂きましょう。
 
以下の2点

  1. 使用感:使用にあたっての手軽さや問題点
  2. 効果:染まり具合・髪のダメージ・色持ちなど

に分けてまとめましたので、ご覧下さい!

ウエラトーンの使用感

まずは、ウエラトーン ツープラスワンの使用感について、ポイントに分けて見ていきましょう。
 
 
【塗り易い】
今回は、初めてでも失敗しにくいという事で、「クリームタイプ」を使ってみました。
 
結論としては、確かに液垂れが無くストレス無く作業が出来ました。
 
他のヘアカラーで
・カラー剤の飛び散り
・顔などへの液垂れ
に悩まされたという方にはおすすめのヘアカラーと言えるでしょう。
 
 
【作業時間は多少長め】
続いて、液垂れの無さの裏返しではありますが「作業時間は掛かる」という印象がありました。
 
テクスチャーの伸びがもう少し良いとうれしい所でしたが、液垂れを繋がってしまうのかも知れません。
 
このあたり、クリームタイプで慣れておいて「液状(ジェル)タイプ」へスイッチするというのが快適に使える流れと言えるでしょう。

ウエラトーンの効果

続いてウエラトーン ツープラスワンの、染まり方などの効果面について見てみましょう。
 
 
【色持ちは長め】
まずは1番の特徴である色持ちについてです。
 
最も注視していた部分なのですが、自分の場合は3週間ほどで根本の白さが目立って来てしまいました。
 
伸びた部分の白さプラス、根本の染まりが甘かったという部分もあるかもしれませんが、「6週間」という数字は、
・「平均」6週間
というよりも、
・「最大」6週間
と認識した方が無難かと思われました。
 
 
【トラブルは無かったものの痛みました】
どちらかと言うと敏感肌のため、頭皮トラブルを心配していましたが、ひとまずかぶれ等の反応は無く染める事が出来ました。
 
しかし、髪の痛みがかなりあり、「輝きエッセンス」の効果は感じる事は出来ませんでした。
 
他のトリートメントを併用してもバサバサとした感じが取れず、髪の毛の健康という面では少し厳しいと思われました。

ウエラトーンの口コミ《感想レビューのまとめ》

以上ウエラトーン ツープラスワンを使っての感想レビューをご紹介してみました。
 
他の方の口コミも総合し、おすすめと思われるのは以下の方になります。
     
・肌・髪が強い方
・多少時間が掛かっても、液垂れによるトラブルを回避したい方
     
浴室などの飛び散りなど、白髪染め作業以外の付随する作業が発生しがちですが、そういった物を回避したい方にはおすすめの1品かと思われました。
 
逆に、肌トラブルはもちろん、髪の毛の仕上がりについては厳しい部分があり、
・健康な髪のまま染めたい
という方は、仕上がりのツヤが良いヘアカラートリートメントがおすすめかと思われました。

【ウエラトーンの口コミ】白髪染めの染まりについて

ここからは、ウエラトーン ツープラスワン商品自体を掘り下げて行きましょう。
 
まずは、ヘアカラーとして最も大事な染毛力について見てみたいと思います。
 
【ミクロな色素が特徴です】
ウエラトーン ツープラスワンは一般のヘアカラーよりも、
・深くリッチな色に染まる
・色持ちも良い
というのが特徴ですが、その大きな理由が、
・色素の粒子が小さく、髪の毛の深い部分まで色が入る
と言うものになります。
 
 
【一般のヘアカラーは色素が深く入りません】
ヘアカラーは「酸化染料」という種類で白髪染めをするものを指すカテゴリーですが、酸化染料は、
・分子が大きくキューティクルの中に入らない
という事実があります。
 
このため、薬剤によりキューティクルを無理やり広げ、分子が大きな色素を入れこんでいきます。
 
このため、いざキューティクルの内側に色素が入っても、どうしても髪の毛の芯まで色素が入りにくくなります。
 
このため、色素が「薄い」印象が出てしまいがちになります。
 
 
【ウエラトーン ツープラスワンは深く染めます】
この点、ウエラトーン ツープラスワンは色素の分子が小さいため、髪の毛の中まで色素が浸透します。
 
このため、髪の毛の中の「色素の密度」を高くする事が出来、結果非常に深い色に染め上げることが可能となっています。
 

 

ウエラトーンの白髪染め

続いて、ウエラトーン ツープラスワンの色の表現力について見てみましょう。
 
特徴の部分でもご紹介したウエラトーン ツープラスワンの強みである、豊富なカラーバリエーションですが、今一度見てみると以下の形となります。
 
 
【クリームタイプ】

 
 
【液状(ジェル)タイプ】

 
 
【ミルキータイプ】

 
 
この様に最大25色と選ぶのに迷いが出る程に豊富なラインナップとなっています。
 
【色の考え方】
これらの色から1色を選ぶにあたり、選び方の基準をご紹介してみましょう。
 
ウエラでは、日本人の髪色を徹底的に掘り下げ、色の基準として7つのシェードパターンを探し出しました。
 
それが以下になります。
 

 
7つのシェードパターンというと難しそうですが、要は「7つの基本色」になります。
 
図から気に入った物、普段のカラーリングに合う物を基本色として選んで頂ければと思います。
 
なお、ウエラが提示している各色の説明は以下の通りです。
     
1 CB:ナチュラルブラウン
透明感のある栗色

2 GM:マットブラウン
おしゃれな雰囲気のアッシュブラウン

3 PB:ピンクブラウン
上品で華やかな赤みのあるブラウン

4 G:ウォームブラウン
暖かみのある栗色

5 OB:オレンジブラウン
肌色によくあういきいきとしたブラウン

6 B:ピュアブラウン
日本人の髪に自然になじむ栗色

7 CL:キャメルブラウン
肌色や服装にも合わせやすいベージュ系ブラウン)
     
【最後に色の濃さを選びます】
「7つの基本色」から好きな色が決まったら、後はその色の中で「濃いか薄いか」を選びます。
 
ウエラでは数字が小さい程濃く、大きい程薄くなります。
 
カラーチャートの色をベースに選んでも良いですが、実際の仕上がりは自分の髪色の影響なども受けます。
 
このため、あくまでも
・基本色 ✕ 濃さ
で選びつつ、実際の発色を見て次回調整していく、というのが完成への近道でしょう。

【ウエラトーンの口コミ】使い方について

続いてウエラトーン ツープラスワンの
・より染まる
・トラブル防ぐ
使い方について、順を追って見ていきましょう。
 
 
【1 準備】
 
まずは準備になります。
 
ヘアカラーはアレルギー物質・刺激性物質を多く含むため、重要なステップとなります。
 
具体的な準備事項は次の通りです。
1 メガネ・コンタクトレンズ、またアクセサリー類(イヤリングネックレス ヘアピン)は外す
※特に金属類はヘアカラーと化学反応を起こし、重大なトラブルとなる可能性があります。

2 汚れてもいい、前びらきの服に着替える

3 床や壁を新聞紙・ビニール等でガードする
※衣類や床・壁に液体がつくと落ちない可能性があります

4 油性クリームを耳の周り・髪の生え際に広めに塗る
※肌に薬液がついて時間がたつと落ちにくくなるあらかじめ
 
 
【2 白髪染め液を作る】
 
準備が出来たら、白髪染め液を作ります。
 
・クリームタイプの場合
付属のトレイにA液・B液・輝きエッセンスを出して混ぜます
 
・液状(ジェル)タイプ、ミルキータイプ
B液(大きい方のボトル)に、輝きエッセンスとA液を “全部” 入れ、20回避程振ります
※液状(ジェル)タイプ、ミルキータイプは、クリームタイプの様に複数回使用は出来ません
 
 
白髪染め液が出来たら、付属の手袋をはめて手首を輪ゴムで密閉してください
 
 
【3 白髪染め液を塗る】
いよいよ白髪染め液を塗って行きます。
 
どのタイプも、以下の形で塗って行くと効率的にムラなく塗りやすいでしょう
 
1 大きくは「前頭部→側頭部・頭頂部→後頭部」
2 前頭部の中では「根本→中間→先端」の順でつける(側頭部他も同様)
 
 
塗り終わったら20分〜30分起きます。
 
特に最初に染める場合などは、長めに置くとより染まり易いでしょう。
 
 
【4 すすぎ】
放置時間が終わっら、すすぎます。
 
1 いきなりシャンプーで洗わずに、まずは水で洗い流す
※洗い流した水が透明になるまで水ですすぎます
2 最後にシャンプーで洗いコンディショナーで仕上げます。
3 シャンプー後はしっかりドライヤーで水分を感じなくなるまで乾かして下さい。
※湿ったまま寝た場合、枕に色が付く可能性があります
 
 
以上の様な形なります。
 
特に大事なのが準備の部分で、ここをしっかりしておけば、肌トラブル防止・飛び散りのよる後始末の防止に役立つでしょう。

ウエラトーン黒髪の場合

ここで、特に白髪が目立ち易い黒髪を中心に、一歩踏み込んだ白髪染めのコツをご紹介して行きましょう。
 
まずはカラー選びですが、白髪の量等により白髪染め後の全体の色のイメージが変わります。
 
具体的には以下の様に色選びを調整して下さい。
1 白髪の量が多めな場合:イメージより明るめに仕上がりますので、少し暗めの色を選ぶと希望の色に近くなるでしょう
2 白髪が少なめの人:逆に白髪が少ない方、黒髪の方は全体的に暗めに仕上がるため、明るめにズラした色を選ぶと希望の色に近く仕上がるでしょう
 
 
続いては、放置時間についてです。
 
放置時間のコントロールは重要で、髪質によっては、基本の「20分から30分放置」では希望通り染まらない可能性があります。
 
髪質により以下の形で放置時間を変化させてみて下さい。
 
1 太く硬い髪の場合:普通より10分ほど長く、30分〜40分程放置時間を置く
2 室温が低い時(目安は15°以下):これも通常より10分ほど長く、30分〜40分程放置時間を置く
 
 
また、部分染めやリタッチの場合は以下の放置時間がおすすめとなります。
・部分染め:20分
・新しく伸びた根本の部分:15分〜20分
 
以上の形となります。
 
ヘアカラーも要は化学反応実験ですので、温度や髪の毛の状況で反応の結果(=発色)が変化します。
 
多少面倒ですが、ぜひ参考にしてみて下さい。

【ウエラトーンの口コミ】痛む場合は?

続いて、ウエラトーン ツープラスワンを使った場合のリスクについて見てみましょう。
 
ウエラトーン ツープラスワンを始めとするヘアカラーを使った場合のリスクとしては、主に以下の3つがあります。
 
1 アルカリ剤による肌トラブル
強アンモニア水 ほか

2 過酸化水素水による肌トラブル・髪の痛み

3 ジアミンによるアレルギー症状
パラフェニレンジアミン
硫酸トルエン2.5-ジアミン
パラアミノフェノール
 
以下順に内容を確認してみましょう。
 
 
【1. アルカリ剤による髪の痛み】
ヘアカラーには、アンモニア等のアルカリ剤が使われていますが、以下の2つのリスクがあります。
1 キューティクルをアルカリ剤で無理やり開くため、髪を痛める
2 強いアルカリは肌などを溶かすため、肌荒れする
どちらもそれ程大きな症状を呈さない事が多いですが、2の肌荒れについては、皮膚が弱って居る方にはかなり厳しい事態になるため、ご注意頂ければと思います。
 
 
【2. 過酸化水素水による肌トラブル・髪の痛み】
過酸化水素水に入っている過酸化水素ですが、要は「たくさん酸素がある」水です。
 
たくさん酸素がある水ですのて、それに触れると「酸化」つまり「火で燃やす」のと同じ反応が起こります。
 
物騒な話ですが、火で燃やすよりはだいぶゆっくりした反応ですので、熱はあまり発生せず熱によるダメージはありません。
 
しかし木が炭になるような「酸化」の反応は起こりますので、
・酸化する事による皮膚タンパク質の破壊
・酸化による髪のタンパク質の破壊
が起こります。
 
肌のバリア機能の強さなどにより個人差はありますが、
・敏感肌の方
・髪が細かったり荒れ易い方
は白髪染めにはヘアカラー以外を選択した方が得策でしょう。

ウエラトーンのジアミンについて
最後にジアミンについてです

 
ジアミンは酸化染料を指しますが、人により意味する範囲が違い、
・酸化染料全体
・アレルギー症状の報告が多い以下の3つの物質
  パラフェニレンジアミン
  硫酸トルエン2.5-ジアミン
  パラアミノフェノール
・パラフェニレンジアミンのみ
の3つの意味に使われます。
 
しかしいずれも「ジアミン」と言う言葉を使って語られる場合、そのメインテーマは殆ど「ジアミンアレルギー」になります。
     
【ジアミンアレルギー】
 
主に以下の3つの「ジアミン系物質」によるアレルギー性接触皮膚炎の事
 
・パラフェニレンジアミン
・硫酸トルエン2.5-ジアミン
・パラアミノフェノール
 
症状としては、かぶれ、痛み、発赤、かゆみ、ただれ等が現れます。
     
ジアミンアレルギーは、人により重篤な症状を呈しますので、注意が必要です。
 
なおご存知の様に、アレルギーは「最初大丈夫でも、コップに注ぐ水が溢れるように突然発症する」可能性もあり、アレルギー物質には触れないのが懸命です。
 
美容師の方の体験談でも、白髪染め100回〜150回(7年〜15年程度)の後に、突然ジアミンアレルギーを発症する例もあるようです。
 
【ジアミンの反応で有害物質も】
なおジアミンは、アレルギー性接触皮膚炎の原因になるだけでなく、
・酸化剤と混ぜた時にできる反応生成物質にも有害性がある
という2重のリスクがあります。
 
敏感肌の方はもちろん、皮膚の強い方も、
・出来ればヘアカラー以外を使う
・ヘアカラーを使いつつ、たまにそれ以外で白髪染めをする
といった選択肢を検討してみて下さい。

【ウエラトーンの口コミ】アットコスメ等で購入

続いて、ウエラトーン ツープラスワンをよりオトクに買う方法についてご紹介して行きましょう。
 
まずは、今やメインの購買チャネルとなったネット通販でのウエラトーン ツープラスワンの最安値について見てみましょう
 
以下、商品価格・送料・取得ポイントを計算し、「実質価格」で比較しみました。
 
《見切れる部分がある場合スクロール可能です》
 

サイト名 支払価格 店舗 販売価格 送料 割引・ポイント ポイント内容
Amazon ¥1,655 Amazon本体 ¥1,318 ¥350 ¥13 Amazonポイント
楽天 ¥1,489 いい価格 ¥1,100 ¥400 ¥11 楽天ポイント
LOHACO ¥1,813 LOHACO ¥1,609 ¥220 ¥16 Tポイント
アットコスメ ¥2,491 @cosme SHOPPING ¥1,958 ¥550 ¥17 @cosmeビューティポイント

 
この様に、実質価格で比較した結果、楽天(店舗名:いい価格)での購入が1番安く買える事が分かりました。
 
店舗名が多少難ありですが、商品価格がひときわ安く出ており、最もオトクとなっています。

ウエラトーンのキャンペーンについて

ウエラトーン ツープラスワンの販売元のウエラでは、各商品について、キャンペーンを行っている場合があります。
 
そこで、ウエラトーン ツープラスワン関連で減少行われているキャンペーンをご紹介しておきましょう。
 
【パーソナルカラー診断キャンペーン】
 
内容
ウエラLINEアカウントを友達登録すると、トーク画面のメニューからパーソナルカラー診断&懸賞応募が可能
    ↓
カラー診断&懸賞応募した方から、1,500名の方にパーソナルカラー診断で決定した色のウエラトーン2+1 ミルキーEXがプレゼント
 
期間
2020年10月31日23:59まで
 
 
当選人数も1,500人と比較的大きなキャンペーンですので、ウエラトーン ツープラスワンガキになっている方は、ぜひ応募しみて下さい。

【ウエラトーンの口コミ】よくある質問やQ&A

最後に、ウエラトーン ツープラスワンに関する、よくある質問をまとめました。
 
 
【ヘアカラー前には、毎回パッチテストが必要ですか?】
ヘアカラーを使用する際には、毎回48時間前からパッチテストが必要です。そ
 
前回あの使用でアレルギー反応が起こらなかった方でも、突然症状が現れる場合がありますので、毎回テストを実施して下さい。
 
 
【カラーチャートの色と、実際染めた後の色が違うのはなぜですか?】
・髪の色
・毛量
・太さ
により、スタートの髪のカラーがちがい、
・白髪染め時の温度
により、染色反応の速度・反応量に違いが出ます。
 
このためカラーチャートの色は目安と考えて下さい。
 
 
【ヘアカラーが肌につかないようにするには?】
以下の対応により肌に付きにくくなります。
 
・生え際や耳まわりなど付き易い部分にクリームを塗る
・仮に付いてしまったら、濡れたコットンやタオルですぐにふき取る
・最後にカラー剤を洗い流す際は、シャワーで一気に洗い流さず、手にお湯を取って、少しずつ乳化させつつ洗い落とす
 
 
【地毛の色より明るく染める事はできますか?】
髪質により多少違いますが、ウエラトーン ツープラスワン7~9番台を使うと
地毛より明るい髪色に染めることが可能です。
 
 
【顔などの皮膚に染料か付いた場合どうしたらいいですか?】
染料がついた部分に、少しずつお湯を加えて馴染ませるようにすると、カラー剤を浮き上がる事が可能です。

【ウエラトーンの会社】株式会社ウエラ

ウエラトーン2+1の開発・販売を行っている株式会社ウエラの会社概要は以下になります。

販売業者 HFCプレステージジャパン合同会社
代表者 ステファン・ゲオルグ・ガー ウエラプロフェッショナル
後藤 真一 コンシューマービューティー/ラグジュアリー
所在地 〒107-0061
東京都港区北青山三丁目3番5号
TEL 0120-308168
設立 2016年10月1日
従業員数 264名

ウエラトーンの口コミまとめ

以上ウエラトーン ツープラスワンの口コミからおすすめポイント等をご紹介してきました。
 
ウエラトーン ツープラスワンは
・カラーバリエーション
・テクスチャー
が豊富で、微妙な色の選択・使い易いテクスチャの選択が可能でした。
 
特にカラーの微妙な発色にこだわりがある方はぜひ試してみて下さい。

《最安値ショップはコチラ》
《最安値ショップはコチラ》
タイトルとURLをコピーしました