【クレオディーテの口コミ】ヘアカラーの白髪染めはエマルジョンで!

今回深堀りしていくのは、小泉里子さんのCMでも認知度が高いクレオディーテです。
  
簡単に染められてカラーバリエーション多いという事で注目している方も多いと思いますが、今回はこれについて、
・「良い評価 vs 悪い評価」の割合
・口コミから見えた「ロレアルパリ エクセランスのおすすめポイント」
・口コミから見えた「ロレアルパリ エクセランスのデメリット」
等について、探って行きたいと思います。
 
メリット・デメリットを始め、クレオディーテについての全ての情報をお届けして行きたいと思いますので、ぜひご覧下さい!

【クレオディーテの口コミ】おすすめポイントについて

早速クレオディーテについて結論を「3つのポイント」にまとめたものからご覧頂きましょう。
 

 

【ポイント1】
3つの特徴で簡単に染められます!
とは言っても、ヘアカラーっていろいろ大変なイメージがあるけど…

確かにヘアカラータイプの白髪染めは、一般に塗り拡げることが面倒で大変になっています。
  
しかしクレオディーテは、3つの特徴で非常に塗りやすくなっています。
1  ブラシを装置した容器で塗り易い
2  スタイリストグローブで素手感覚で塗れる
3  エマルジョンタイプで髪全体に伸ばし易い
初めての方でも簡単に塗れたとの口コミも多いため、「塗るのが面倒でヘアカラータイプから遠ざかっていた」という方にはおすすめの白髪染めと言えるでしょう。
  
  

【ポイント2】
幅広いカラーバリエーションで、髪色の自由度も高いです
色の数が多くてもブラウン〜ダークブラウンばっかりの印象が…

確かに、カラーバリエーションをアピールしている白髪染めは、ブラウン系ど真ん中の中での濃淡に終始している物が目立ちます
  
しかしクレオディーテはブラウン系ど真ん中はもちろん、以下の様に、ピンク系からアッシュ系まで幅広い展開となっています。
  
【ヘアカラーエマルジョン・パーソナルカラー】

  
  
【ヘアカラーエマルジョン】

  
ブラウン系の中でもナチュラ系~イエロー系と濃淡だけでないチョイスが可能ですので、色で遊んでみたいという方には、非常におすすめの白髪染めとなっています。
  
  

【ポイント3】
残念ながら口コミでは「頭皮トラブル」が心配です
せっかく染まっても肌トラブルは絶対嫌なんだけど…

簡単でバリエーションも広いクレオディーテですが、残念ながら、口コミでの
・頭皮トラブル
・髪の毛のトラブル
が非常に多くなっています。
  
ヘアカラータイプの白髪染めは「ジアミン」という、アレルギー物質が配合されています。
      
【ジアミン】
 
・パラフェニレンジアミン
・硫酸トルエン2.5-ジアミン
・パラアミノフェノール
      
このため、白髪染めでもヘアカラータイプは、「ジアミンアレルギー」というアレルギー性接触皮膚炎を起こしやすくなっています。
  
そのヘアカラータイプの中でも、クレオディーテは、口コミでの「頭皮にトラブルがありました」という旨の投稿が多くなっています。
  
敏感肌の方はもちろん、「健康な頭皮・髪の毛を保ちつつ白髪染めしたい!」という方は、ヘアカラートリートメントなど別のタイプの物を検討頂いたほうが良いでしょう。
 
 
白髪染めのおすすめをタイプごとにご紹介!
 

《最安ショップはコチラ》
《最安ショップはコチラ》

【クレオディーテの口コミ】特徴や成分

続いて、クレオディーテの特徴や成分についてご紹介していきましょう。
 
先程の「3つのポイント」収まらなかったものものについても見ていきたいと思います。

クレオディーテの特徴

ここでは、以下の2つの特徴についてご紹介して行きましょう。
     
1 ツヤのある髪に仕上げるトリートメント成分
2 トップノート~ラストノートとずっと香る香り成分
      
  
【1  ツヤのある髪に仕上げるトリートメント成分】
  
クレオディーテでは、ヘアカラー後の髪を整える、以下のトリートメント成分が豊富に含まれています。
  
1  スクワラン
潤い成分です。
  
髪の水分量を調整して潤いを与え、しなやかな髪を作ります。
  
  
2  ホホバオイル
毛髪保護成分です。
  
ホホバオイルは、ネイティブアメリカンが傷の治療に使ったり、人工心臓の潤滑油にも使われるケア効果が高いオイルです。
  
これにより髪の表面をコーティングし、髪の摩擦などの外敵刺激から髪を守ります。
  
  
ローズヒップ・椿オイル
ツヤを与える成分です。
  
荒れたキューティクルと整えると共に、オイルのツヤにより、艶めく髪に仕上げて行きます。
  
  
この様に、クレオディーテは豊富なトリートメント成分を配合する事で、ヘアカラー後の髪を整える処方となっています。
  
  
【2 トップノート~ラストノートとずっと香る香り成分】
ヘアカラータイプの白髪染めは刺激臭がしがちで、それが元でヘアカラータイプの白髪染めから離れてしまう方も多くなっています
  
しかしクレオディーテはトップノート~ラストノートまで、香水の様に設計された香り成分で、白髪染めの間も香りを楽しみつつ白髪染めが出来る様になっています。
      
【クレオディーテの香り成分】
  
【トップノート】
ピーチ・アプリコット・メロン
  
【ミドルノート】
ミドル・カーネーション・イランイラン・ローズ・スズラン・マリン
  
【ラストノート】
バニラ・アンバー・ムスク
      
この様にクレオディーテにはたくさんの香り成分が配合されており、「ヘアカラーはニオイが嫌」という方にもおすすめの白髪染めとなっています。
 
 
白髪染めのおすすめをタイプごとにご紹介!
 

《最安ショップはコチラ》
《最安ショップはコチラ》

クレオディーテの成分

続いて、uruotteヘアマスカラの全成分を見てみましょう。

《全成分》

★1剤
有効成分・・・トルエン-2.5-ジアミン、パラアミノフェノール、メタアミノフェノール、5-アミノオルトクレゾール
その他の成分・・・亜硫酸ナトリウム(試薬)、エタノール、エデト酸四ナトリウム四水塩、塩化アルキルトリメチルアンモニウム、塩化ステアリルトリメチルアンモニウム、(加水分解シルク/PG-プロピルメチルシランジオール)クロスポリマー、強アンモニア水、高重合メチルポリシロキサン(1)、植物性スクワラン、ステアリルアルコール、精製水、セタノール、ツバキ油、濃グリセリン、フェノキシエタノール、ホホバ油、ポリエチレングリコール200、ポリ塩化ジメチルメチレンピペリジニウム液、ポリオキシエチレンステアリルエーテル、ポリオキシエチレンセチルエーテル、マカデミアナッツ油、メチルポリシロキサン、モノエタノールアミン、硫酸マグネシウム、流動パラフィン、ローズヒップ油、L-アスコルビン酸、香料
★2剤
有効成分・・・過酸化水素
その他の成分・・・エタノール、塩化ステアリルトリメチルアンモニウム、軽質流動イソパラフィン、水酸化カリウム、精製水、セタノール、パラフィン、パルミチン酸2-エチルヘキシル、ヒドロキシエタンジホスホン酸液、プロピレングリコール、ポリオキシエチレンステアリルエーテル、無水エタノール、ヤシ油脂肪酸グリセリル
★アフターヘアパックAF
水、ジメチコン、セタノール、グリセリン、BG、ベヘントリモニウムクロリド、オレイン酸オレイル、加水分解野菜タンパク、PG-プロピルシラントリオール、グルタミン酸、ラフィノース、ダイマージリノール酸水添ヒマシ油、アミノプロピルジメチコン、エタノール、クエン酸、クエン酸Na、ステアルトリモニウムクロリド、メチルパラベン、香料

【クレオディーテの口コミ】特徴や成分まとめ

以上クレオディーテの特徴や成分について見てきました。
  
冒頭の3つのポイントと合わせて、クレオディーテには以下の特徴があります。
     
1:3つの特徴で簡単に染められます!
2:幅広いカラーバリエーションで、髪色の自由度も高いです
3:残念ながら口コミでは「頭皮トラブル」が心配です
4:ツヤのある髪に仕上げるトリートメント成分
5:トップノート~ラストノートとずっと香る香り成分
     
この様に、頭皮や髪へのトラブルが心配されながらも、幅広いカラーバリエーションから色を選べ、かつトリートメント成分や香り成分が豊富な白髪染めとなっています。
  
これらの事から特に、
・頭皮や髪の毛が強い方
・髪色にこだわりがある方
・白髪染め中や後の香りに注目している方
には、おすすめの白髪染めだと言っていいでしょう。
 
 
白髪染めのおすすめをタイプごとにご紹介!
 

《最安ショップはコチラ》
《最安ショップはコチラ》

【クレオディーテの口コミ】悪い口コミや悪評】

ロレアルパリ エクセランスのおすすめポイントをご紹介したところで、ここからはユーザーからの口コミについてご紹介して行きましょう。
     
【口コミはユーザーのみ】
以下、ショッピングサイトやSNSでの口コミをご紹介して行きますが、
・実際使ってない方の口コミは意味が無い
という事で、今回は
・実際使った方の口コミのみ
をピックアップしています。
     
 
それではまずは悪い評価の口コミから見ていきましょう。
 
 

【染まらない】
 
こちらの口コミを見てから購入するべきでした…
 
頭皮の刺激はそんなに感じませんでしたが、白髪→全然染まらない。
黒髪→黒髪のまま。
頭皮に近い部分だけ赤茶色…
おまけにシャンプー後の髪の毛パサパサ…

まず目立ったのが「白髪が染まらない」と言うものでした。
  
クレオディーテのカラーディベロップメント処方が合わなかった方がが多いと思われますが、基本にヘアカラーは
1  太くてしっかりした髪
2  酸性が強い髪
などは、染料を入れるためにキューティクルを開く、アルカリ剤の効果が出にくくなります。
  
このため、特に上記1,2の方は、別の白髪染めを検討頂いたほうが得策でしょう
  
  

【頭皮トラブルがあった】
  
白髪が気になり始めたので、購入しました。
  
塗っている途中から、ヒリヒリ…
どんどん痛みが増していき、激痛に変わりました!
  
合っていないのか、このまま時間をおけば、絶対に髪の毛、毛穴が死んでしまうと思い、すぐに洗い流しました。
  
  
【頭皮並びに髪にトラブル】
  
とにかく染めている時から頭皮が痛い。
めちゃくちゃピリピリする。
  
暫くすると収まりましたが今思えばあの時に洗い流すべきだった。。。
  
そして髪はパッサパサになりました。
表面の傷んでいた髪は枝毛になりました。
ここ最近枝毛はほとんど無かったのに…こんなに大量発生するなんて、酷すぎる。。。

実は最も多かったのが、この「頭皮・髪の毛にトラブルが発生した」と言う物です。
  
前述の様に、白髪染めでもヘアカラータイプの物は「ジアミン」と呼ばれるアレルギー物質が含まれています。
  
このため、どのヘアカラーもこういったトラブルが報告されていますが、残念ながらクレオディーテでは特にトラブル報告の口コミが多くなっています。

クレオディーテの悪い口コミまとめ

以上、クレオディーテの悪い評価の口コミについてご紹介してきました。
  
なお、ここで気になる「良い評価の口コミ vs 悪い評価の口コミ」の割合ですが、ショッピングサイト・SNS等を調べた結果、概ね以下の形となりました。
      
・良い評価の口コミ:45%
・どちらでもない:15%
・悪い評価の口コミ:40%
      
といった所でした。
  
市販されている製品だけに、平均的には良い評価が70%〜80%はありますが、残念ながらクレオディーテは45%と芳しくありません。
  
理由は「頭皮・髪トラブル」関連の口コミで、これが評価を大きく押し下げる原因となってしまいました。
  
  
・頭皮や髪が強い
・幅広いカラーバリエーションで遊びたい
を両方満たす方にはクレオディーテは満足度が高いと思われますが、それ以外の方は、他のタイプの白髪染めを検討頂ければと思います。
 
 
白髪染めのおすすめをタイプごとにご紹介!
 

《最安ショップはコチラ》
《最安ショップはコチラ》

【クレオディーテの口コミ】良い口コミや評判

続いて、クレオディーテの良い評価の口コミを見て行きましょう。
  
  

【エマルジョンタイプが使い易い】
  
テクスチャーもクリーム系では使いやすい硬さだと思いました。
  
これ以上柔らかいと液ダレ半端ないと思うしムラも出来やすいと思います。
  
結果、塗りやすかったです。

まずは使い易いというものが目立ちました。
  
エマルジョンタイプは、
・液状:塗り広げ易い
・クリームタイプ:髪に留まるためキッチリ染まり易い
という両方の良い要素を併せ持っているため「使い易さ」においては、かなりおすすめ度が高いと言えるでしょう。

【カラーが豊富】
  
マットベージュを3週間に一度のペースで使用してます。
  
センスのいいパッケージと色が豊富なところに魅かれて購入。
  
マットベージュはグリーンに寄らないアッシュ系の明るいカラー。
  
これ、すっごくいいです。

続いて目立っていたのが、カラーバリエーションの幅広さについてです。
  
前述の様にクレオディーテは色の選択の幅が広く、ブラウン系はもちろん、ピンク系からアッシュ系まで用意されています
  
人とは違うカラーが良いという方は、クレオディーテから探してみる価値があるでしょう。

クレオディーテの良い口コミまとめ

以上クレオディーテの良い評価についての口コミを見てきました。
  
大きな特徴でもあった、
・塗り易さ
・カラーバリエーションの豊富さ
が口コミでも評価されていました。
  
この辺りを重視する方は、クレオディーテをぜひ検討してみて下さい。

《最安ショップはコチラ》
《最安ショップはコチラ》

【クレオディーテの口コミ】SNS(Twitter・インスタグラム)・ブログなど

続いて、SNSなどでのクレオディーテの口コミを見てみましょう。
  
こちらも「実際にクレオディーテを使ったユーザーのもの」のみをピックアップしました。
  
まずはTwitterでの口コミからご覧頂きましょう


  
  
続いて、美容系には強いと思われるインスタグラムからの口コミです。

【クレオディーテの口コミ】感想レビュー

続いて、実際に筆者がクレオディーテを使ってみた感想レビューをご覧頂きましょう。
 
以下の2点

  1. 使用感:使用にあたっての手軽さや問題点
  2. 効果:染まり具合・髪のダメージ・色持ちなど

に分けてまとめましたので、ご覧下さい!

クレオディーテの使用感

まずは、クレオディーテの使用感について、ポイントに分けて見ていきましょう。
 
 
【スタイリストグローブが使いやすかったです】
まず塗っていく上でやりやすかったのが、添付されている「スタイリストグローブ」でした。
  
普通ヘアカラータイプの白髪染めには、手袋は付いていないか、付いていても¥100ショップにあるような、フィット感に問題あるものが殆どです。
  
しかしスタイリストグローブは
・素材もペラペラしたものでなくしっかりしている
・手にもフィットしやすい
というものになっています。
  
ここで、一般にヘアカラーは、
1  ポンプから直接髪にクリームを出す
2  それをコームで伸ばす
という手順ですが、毛先に伸ばす時にコームを使うため、塗布状況が分かりにくくなっています。
  
しかし、スタイリストグローブの場合、
1  ポンプから直接髪にクリームを出す
2  それを手で伸ばす
と言うように手で出来るため、毛先にちゃんと伸びて居るか把握し易く、非常に塗り易くなっていました。
  
  
【エマルジョンタイプは思いの外伸びやすかったです】
今ひとつ特筆すべきはテクスチャーがエマルジョンタイプという所です。
  
他のヘアカラーでは以下の様なテクスチャーがあります。
・クリームタイプ
  長所:垂れにくい・髪に留まり易い
  短所:伸びにくい
・液状タイプ
  長所:伸び易い
  短所:顔に垂れて目に入るリスク
  
これを見ると、どちらを選んても「伸びない」もしくは「顔に垂れる」というデメリットがあります。
  
しかしエマルジョンタイプの場合、テクスチャーの「液体度」がクリームと液状の中間のため、
・塗り易い
・顔に垂れにくい
と、クリーム・液体の良いところを取ったような形で、塗り易いのに顔にも垂れず、気持ち良く白髪染めをする事が出来ました。

クレオディーテの効果について

続いて、クレオディーテを使った効果面についてレビューをご紹介していきましょう。
  
  
【香りが良かったです】
まず印象に残ったのが、他のヘアカラーと比べても香りが良かったという所です。
  
一般的には香りに注力していても、2,3種類の香料を使って香りを演出するという形でした。
  
しかし、香りがトップ〜ミドル〜ラストノートと香水の様に設計されたクレオディーテ、途中で香りが無くなったり飽きたりする事無く白髪染めが出来ました。
  
「ヘアカラーのツンとした刺激臭が嫌」「香りもヘアカラーの重要ポイント」という方には検討の価値ある白髪染めと言えるでしょう。
  
  
【ピリピリした刺激を感じました】
続いては、逆効果的なポイントになってしまいますが、「頭皮にピリピリした刺激を感じた」という点です。
 
ヘアカラータイプの白髪染めは「ジアミン」というアレルギー物質。含んでいます。
  
クレオディーテの場合ジアミンの配合割合が多いのか、残念なながら頭皮に刺激を感じてしましいました。
  
塗り始めると、
1  頭皮が熱くなり始める
2  触ると痛みまでは行かない刺激を感じる
3  何もしなくてもピリピリした刺激を感じる
と言うように頭皮トラブルが進行して行きました。
  
幸いな事に3になって白髪染めを中止しようとした辺りで放置時間が過ぎ、完遂する事は出来ました。
  
しかし人によっては健康ひ障る可能性がある物を感じましたので、ちょっとあまりおすすめ出来ない商品かなと思いました。

【クレオディーテの口コミ】感想まとめ

以上クレオディーテについての感想レビューをご紹介しました。
  
正直体に影響あるものを確認してしまったので、両手を挙げておすすめする事は難しい商品かと思います。
  
しかし、以下の様な方
・頭皮や髪が非常に強い方
・香りにこだわりのある方
・簡単に染めたい方
の全てに当てはまる場合は検討する価値はある白髪染めと言えるでしょう。

《最安ショップはコチラ》
《最安ショップはコチラ》

【クレオディーテの口コミ】白髪について

続いてここからは、クレオディーテの商品自体について掘り下げていってみましょう。
  
まずはクレオディーテの効果についてです。
  
  
【自然な髪色に染め上げるカラーディベロップメント処方】
 
ヘアカラータイプの白髪染めというと、「如何にも染めました」という発色になる事も多く、返って白髪が目立ってしまうケースも見られます。
 
これに対応してクレオディーテでは、「カラーディベロップメント処方」という事で、
・白髪に入りやすい易い色素
・普通の髪に入りやすい色素
をバランス良く配合する事で、「より白髪を効率的にカバーする」ヘアカラーとなっています。
  
なお、
・白髪の割合が多い方:明るく染まり易い
・白髪の割合が少ない方:暗く染まり易い
と言う傾向があります。
  
カラーディベロップメント処方は、この辺りもバランス良い色素配分になっていますので、大きな失敗なく染め易い形となっています。

クレオディーテの白髪染め

今ひとつクレオディーテの白髪染め効果にかわる要素として、「トリートメント成分が豊富」という物があります。
 
白髪染めをした後は髪の毛はダメージを受けますが、実はこのダメージ、
・色素が髪から抜けやすくなり、色落ちを早める
という、白髪染めの効果自体への悪影響があります。
  
このためクレオディーテでは、以下の様なトリートメント成分を配合して髪のダメージをリカバリーしてくれます。
      
1  スクワラン
潤い成分です。
  
髪の中に水分・潤い閉じ込めて、潤いのあるしなやかな髪を作ります。
  
  
2  ホホバオイル
毛髪保護成分です。
  
ホホバオイルは、人工心臓の潤滑油にも使われる摩擦減免効果が非常に高いオイルです。
  
これで髪の表面をコーティングする事で、髪の摩擦などによるダメージから髪を守ります。
  
  
ローズヒップ・椿オイル
ツヤを与える成分です。
      
この様に、クレオディーテはトリートメント成分により髪の健康を守ります。
  
これにより、色落ちを防いでより長く白髪染めの効果を保ってくれています。

《最安ショップはコチラ》
《最安ショップはコチラ》

【クレオディーテの口コミ】使い方について

続いて、クレオディーテのより効果的な使い方についてご紹介していきましょう。
  
白髪染めの手順に従って、ポイントをご紹介していきたいと思います。
  
  
【1  準備】
まずは準備になります。
  
ヘアカラーでは他のタイプ(ヘアカラートリートメントやヘアマスカラ等)にくらべて準備が多いですが、
・肌トラブル防止
・白髪染め後の掃除を簡単にする
などのため重要となっています。
  
  
1-1  必要な物の準備
  
まず以下のものを準備します。
 
●ティッシュペーパー
●新聞紙などの敷物
●タオル
●水をはじくクリーム(顔に塗ってもOKなもの)
  
  
1-2 顔をクリームで守ります
  
準備したクリームを、顔を中心とした髪の生え際に塗って行きます。
  
これは、液垂れしたクレオディーテの刺激から肌を守るためですので、厚めかつ広めに塗って下さい
  
  
1-3  髪をとかす
  
髪が絡んでいる状態ですと、塗ったクレオディーテを伸ばして行きにくくなります。
  
これを防止するため、予め髪をとかしてスムーズに塗り伸ばせるようにして下さい
  
  
1-4  壁の保護
  
準備した新聞紙で浴室の壁を保護します。
  
  
1-5  服の準備
  
服にクレオディーテが付くと、色が付いてしまうため、汚れても大丈夫な前開きの服に着替えて下さい。
  
その上でケープなどで首周りにクレオディーテが付く事からガードして下さい。
  
  
1-6  スタイリストグローブを付ける
  
手の保護のため、付属のスタイリストグローブを付けます。
  
  
【2  エマルジョンを作ります】
  
続いてエマルジョンを作ります。
  
2-1  箱のウラ面に丸くミシン目がありますので、それに沿って穴を開けます
  
2-2  穴に2剤容器を入れて固定し、その中1剤を入れます。
  
2-3  キャップ締めて、15秒ほどシェイクします。
  
2-4  キャップをブラシ型ノズルに付け替えます。
  
  
【3 塗ります】
  
いよいよクレオディーテを塗って行きます。
  
3-1  まずはブラシ型ノズルから直接髪へクレオディーテを塗って行きます。
  
3-2  順番としては、真ん中分けにした髪を以下の順番で塗ります
・前頭部〜頭頂部を分け目から横に伸ばす様に
・サイドを生え際から後ろへ
・襟足
※後からスタイリストグローブを付けた手で伸ばしますので、この段階では大雑把に塗る形でOKです
  
3-4  スタイリストグローブに付けた手で、クレオディーテを全体に伸ばして行きます。
  
容器に余っているクレオディーテを手に取って再塗布しつつ伸ばすとムラなく塗る事が出来るでしょう
  
  
【4  放置します】
  
塗り終わったらそのまま15分ほど放置します。
  
太くてしっかりした髪などの方で、前回染まらなかった方は5分ほどプラスしても良いでしょう
  
※この際、肌に刺激を感じた場合、躊躇なくクレオディーテを全て洗い流して下さい
  
  
【5  洗い流します】
  
放置時間が過ぎたら、洗い流します。
  
最初弱めの流水で飛び散りを少なくつつ流しつつ、流す水に色が付かなくなってから、シャンプーを使うと、
・飛び散りが少ない
・髪に洗い残しが少ない
という形で仕上げる事が出来るでしょう。

クレオディーテの使い方

ここで、正直肌刺激が心配なクレオディーテですが、ここで大事なパッチテストについてご紹介しておきましょう。
  
      
【パッチテスト】
  
クレオディーテに対して、アレルギー症状が出るかどうかのテストです。
・クレオディーテ使用前は毎回行なって下さい
 (前回反応無しでも今回トラブル発生の可能性があります)
・クレオディーテ使用の48時間前にパッチテストをして下さい
      
  
パッチテストは以下の手順で行います。
  
【1  準備】
以下のものを準備します。
  
●クレオディーテの1剤と2剤
●1剤と2剤混ぜるための皿
●綿棒
●コットン
  
  
【2  エマルジョン作成】
  
2-1  皿に1剤と2剤を混ぜます(少量付けるだけですので、量は小指の爪程で大丈夫です)
  
2-2  綿棒で混ぜます
  
  
【3  混合液を塗ります】
  
3-1  作った混合液を綿棒に取り、二の腕の内側に塗ります(¥10硬貨大)
  
3-2  テスト液は乾くまで服に付かないように注意して下さい。
  30分おいても乾かない場合は、余分な液をコットンでこすらずに拭き取って下さい
  
  
【4  放置 & 観察】
  
4-1  そのまま触れずに48時間放置します。
  
4-2  テスト30分に1回、また48時間後に1回観察します。
 ・塗布部に、発疹・発赤・かゆみ・水疱・刺激などの皮膚の異常を感じた場合は、すぐに洗い落とし、クレオディーテも使用しないで下さい
  
  
以上のテストでOKでしたら、ひどまずOKです。
  
仮にテストOKでも、実際に使用した時に刺激を感じた時はすぐ使用を控えて下さい。
 
 
白髪染めのおすすめをタイプごとにご紹介!
 

《最安ショップはコチラ》
《最安ショップはコチラ》

【クレオディーテの口コミ】痛む場合があります

続いて、クレオディーテの安全性について見て行きましょう。
  
クレオディーテには前述の様に、口コミ上で頭皮及び髪へのトラブルが多数報告されています。
  

私は肌が強く、今までブリーチ、カラー、パーマ、縮毛矯正を何度もしてますが、一度として肌に痛みを感じた事はなかったのに、こちらはすっっっごくしみました…
  
10分くらいで痛みは収まりましたが、辛かった…
  
肌が弱い人は絶対に辞めた方がいいです。

  
実はヘアカラータイプの白髪染めには、以下の様なアレルギー物質・刺激性物質が含まれています。
  
      
【ヘアカラーに含まれる刺激性物質】
  
1 ジアミン系物質
 【具体的物質】
パラフェニレンジアミン
硫酸トルエン2.5-ジアミン
パラアミノフェノール
  
 【リスク】
アレルギー性接触皮膚炎になる可能性あり
  
  
2  アルカリ剤
 【具体的物質】
強アンモニア水 ほか
  
 【リスク】
肌トラブル・髪の傷み
  
  
3 過酸化水素水
 【リスク】
肌トラブル・髪の痛み
      
  
ここでは、クレオディーテで特に心配される1のジアミンのリスクについてご紹介しておきましょう。
  
  
【ジアミン系物質のリスク】
ジアミン系物質のリスクはズバリ、「ジアミンアレルギー」と呼ばれるアレルギーです。
  
近年ひどい場合命の危険も伴う事が広く知られるアレルギーですが、ジアミンアレルギーの場合、症状はアレルギー性接触皮膚炎という形で現れます。
  
【ジアミンによるアレルギー性接触皮膚炎の症状】
ここで気になってくるのがジアミンアレルギーによるアレルギー性接触皮膚炎の症状ですが、以下の様になります。
      
1  初期段階
 ヒリヒリ感・痒み・ジンジンとする・発赤
2  次の段階
 顔全体がパンパンに腫れる・体のダルさ・激しい痒み・ かぶれ・ 痛み
3  最終段階
 呼吸困難・動悸・嘔吐
 アナフィラキシーショックの可能性(命の危険有り)
      
この様に、「ジアミンアレルギー」は単に頭が痒くなるといった程度では収まらず、顔全体の腫れからアナフィラキシーショックの可能性もある恐ろしい症状につながります。
  
なお、花粉症などでもご存知の様に、アレルギーは蓄積していきますので、最初は大丈夫でもある日急に発現する可能性があります。
  
  
【クレオディーテはジアミンの配合量が多いです】
  
ここで、クレオディーテの全成分を見ると、何と1剤のトップに
・トルエン-2.5-ジアミン
そして2番目に
・パラアミノフェノール
とアレルギー症状が多く報告されている、ジアミン3大物質のうちの2つがラインナップされています。
  
この事を見ても、特に敏感肌の方やアレルギー症状が出やすい方は、別の白髪染めを検討された方が賢明でしょう。
 
 
白髪染めのおすすめをタイプごとにご紹介!

クレオディーテは染まらない可能性も

今ひとつクレオディーテのリスクとしてあるのが「白髪が染まらない」というものです。
  

白髪も黒髪も染まるっていうのに惹かれて購入。
 
…でも白髪は一切染まりません…。
 
時間も指定通りです。
 
黒髪は染まりました。
でも、白髪が染まらないなら、今まで使ってたモノでよかった…。

  
この原因としては主に2つあり、特に2つ重なると特に白髪部分は染まりにくくなります。
1  明るい色味の白髪染めを使っている
2  髪が傷んでいる
  
【1  明るい色味の白髪染めを使っている】
  
残念ながら、白髪染めでも明るい色味のものは
・普通の髪には色が入る
・白髪には色が入らない
という仕上がりになり易くなっています。
  
しっかり色素が入れば白髪・普通の髪ともに染まりますが、色素のは入りが完全でない場合、
・白髪は裏面からの光が多く透過するため、車のライトと自分の間に人が居ても見えにくいのと類似の現象が発生
というように、色が薄く見えてしまいます。
  
  
【2  髪が傷んでいる】
  
酸化染料は薬剤で開いたキューティクルに染料を入れ込みます。
  
このため、髪が荒れてキューティクルが開きっぱなしの場合、せっかく入れた染料が出ていってしまいます。
  
この結果髪に残る染料が少なくなり、特に1の明るい色味の白髪染めでの「白髪薄見え効果」が発現してしまうという事になります。
      
クレオディーテは、正直ジアミンアレルギー以外にも、髪を傷める成分が強く、上記1,2の同時発生がし易くなっています。
      

【クレオディーテの口コミ】アットコスメでは?

最後にクレオディーテの値段について見ておきましょう。
  
なお、クレオディーテは以下の2種類のチャネルから購入可能です。
1  ショッピングサイトから
2  実店舗(ドラッグストアほか)
白髪染めの中には、メーカー公式サイトから直接購入可能な場合があり、定期購入という選択肢もあったりします。
  
しかし、クレオディーテのの場合は公式販売サイトが無いため、上記1,2どちらかからの購入となります。

クレオディーテの値段は?

それでは、クレオディーテの各販売店での値段を調べて「最もオトクに買えるところ」を探って行きましょう。
  
なお、2の実店舗については全国で価格差があるため、1のショッピングサイトでの最安値を調べて行きたいと思います。
  
      
【実質支払価格で比較】
商品価格だけでなく、送料やもらえるポイントなどを計算し、実際に支払う価格(=実質支払価格)で比較しています
      
  
《見切れる部分がある場合スクロール可能です》
 

サイト名 支払価格 店舗 販売価格 送料 割引・ポイント ポイント内容
Amazon ¥964 Amazon本体 ¥619 ¥350 ¥5 Amazonポイント
楽天 ¥1,448 楽天本体 ¥795 ¥660 ¥7 楽天ポイント
Yahoo!ショッピング ¥1,512 LOHACO本体 ¥618 ¥899 ¥5 Tポイント
アットコスメ ¥1,450 @cosme SHOPPING ¥990 ¥550 ¥90 @cosmeビューティポイント

  
この様に最もオトクなのは、実質支払価格¥964のAmazonとなりました。
  
      
なお、Amazonプライム会員の方は送料無料で¥619で購入可能です。
  
プライム会員の方はもちろん、良く買い物をするという方はプライム会員になって買い物をするというのも1つの手と言えるでしょう。
 

《最安ショップはコチラ》
《最安ショップはコチラ》

【クレオディーテの口コミ】よくある質問やQ&A

続いクレオディーテについてのFAQを見ていきましょう。

クレオディーテはカラーチャートの色どおりに染まりますか?

  
基本の色はカラーチャートの通りですが、白髪の割合・髪の染まりすさ・当日の気温などの状況などで多少変わって来ます。
  
カラーチャートの色は1つの目安とお考え下さい。
  
  

染める間隔はどれぐらいがおすすめですか?

  
最低1ヶ月は開け、その後、色落ちにより白髪が目立って来たら検討して下さい。
  
  

残ったヘアカラーは次回使えますか?

  
ヘアカラーは概ね30〜40分を超えると、染色効果が無くなりますので、残ったエマルジョンはそのまま捨てて下さい。

【クレオディーテの会社】株式会社ダリヤについて

ここで、クレオディーテの開発・販売を行っている株式会社ダリヤの会社概要を見ておきましょう。

販売業者 株式会社ダリヤ
代表者 代表取締役社長 野々川 純一
所在地 〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内3-5-24
TEL 0120-57-2152
設立 1950年11月15日
従業員数 290名

クレオディーテの口コミまとめ

以上クレオディーテのおすすめポイント・口コミについてご紹介して来ました。
  
クレオディーテは正直肌トラブルの報告も多く、特に敏感肌の方にはおすすめ出来ない白髪染めでした。
  
しかし、
・簡単に染められる
・色選びの幅が広い
という特徴もありました。
  
頭皮や髪が強いという方で、気に入った色があるという方は、パッチテストなどでケアしつつお試し頂ければと思います。
 
 
白髪染めのおすすめをタイプごとにご紹介!
 

《最安ショップはコチラ》
《最安ショップはコチラ》
タイトルとURLをコピーしました